• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <I2練馬斉藤法律事務所/一般法務ウェブサイト><離婚><親権>
    親権と監護権について
    練馬駅1分の法律事務所です。このサイトは交通事故・損害賠償・刑事弁護・一般民事家事などの情報を記載しています。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2018-07-17 23:28:45に更新『「練馬区」について』
    2018-07-17 23:14:30に更新『I2練馬斉藤法律事務所/交通事故・損害賠償・一般法務サイト』
    2018-07-17 23:06:44に更新『「知財×ICT法務」分野の特徴とメリット』
    2018-05-02 03:19:29に更新『知的財産権・ICT法務料金表』
    2018-05-02 01:25:21に更新『顧問契約業務について』

    離婚

    親権

    最終更新2016-04-12 09:53:08



    親権と監護権について

     親権は親の子に対する権利であり義務でもあります。

     この親権はおおざっぱに分けると子の監護権と財産管理権に分けることができます。

     監護権は子と一緒に住み守り育ていく権利です。財産管理権は子の財産を管理し子に代わって契約などを締結する権利です。

     そして、婚姻中の夫婦は親権を共同して行います。

     ところで、親権から監護権を分離することも認められています。例えば、離婚に伴って親権者を定める場合、親権から監護権を分離し分属させることもあります。

     親権から監護権を切り離して分属させることは当事者の協議が整えば可能となりますが、話し合いや調停で協議が整わない場合裁判所が親権の帰属を決することになります。

     もっとも基本的には親権は財産管理権と監護権の集合体であることが原則です。

     財産管理権と監護権は観念上切り離せたとしても実際には双方が一体でなければ機能しない場面も多く財産管理権と親権が分離することが子の利益に必ずしもかなわない場合もあります。

     いずれにせよ子の親権についてトラブルが生じた場合は、ご遠慮なくご相談ください。






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[親権]内の記事一覧
    離婚に伴う養育費について

     離婚した場合で,夫婦に子(未成熟児)がいる場合,子供と別れて暮らす親も,子供が自己と同等の生活をおくれるように子の生活を保持する義務を負います。  具体的には,養育費という名


    …続きを読む。




    離婚に伴う親権の決定について

     親権は子供に対する親の権利でもあり義務でもあります。  民法第818条1項は,「成年に達しない子は、父母の親権に服する。」と定めています。  婚姻中の夫婦は親権を共同し


    …続きを読む。




    親権と監護権について

     親権は親の子に対する権利であり義務でもあります。  この親権はおおざっぱに分けると子の監護権と財産管理権に分けることができます。  監護権は子と一緒に住み守り育ていく権利です。財産


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    みどりの町、文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区を初めとして、中野区、板橋区、杉並区、多摩地区、埼玉県などから御相談しやすい立地となっておりますので、お気軽に御相談ください。

    練馬区はみどりの町として、23区でありながら農場や牧場などを残すほか、アニメ・マンガのまちとして有名であるなど、様々な特徴を持った特別区です。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、質の高いリーガルサービスの提供といったニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。