• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <みどりの街練馬の法律事務所/I2練馬斉藤法律事務所><遺言相続><遺言>
    練馬区/遺言の効力
    練馬駅1分の法律事務所。練馬を中心とした近隣地域の各種法律問題に対応。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2018-04-25 09:54:17に更新『全国のI2分野と練馬区を中心とした地域の法律問題/練馬駅徒歩1分/弁護士/I2練馬斉藤法律事務所/』
    2018-04-25 09:52:24に更新『事務所からのお知らせ/インフォメーション』
    2018-04-25 09:46:29に更新『練馬区の法律問題についてご相談ください』
    2018-04-07 10:20:03に更新『事務所の概要について』
    2018-04-07 10:20:03に更新『ウェブサイトドメイン名について』

    遺言相続

    遺言

    最終更新2016-08-13 12:13:45



    遺言の効力

    遺言の効力発生時期

    遺言は、原則的に遺言者が死亡した時点でその効力を生じます(民法985条1項)。但し、遺言者が、遺言の効力発生に何らかの条件(停止条件)を付した場合は、遺言者が死亡後、指定した条件が整った時から、遺言書の効力が発生します(同2項)。

    遺言の撤回

    遺言者はいつでも、遺言の全部、あるいは一部を撤回することができます(民法1022条)。ただし、撤回の意思表示も遺言の方式に基づいてしなければなりません。撤回権は放棄できないので(民法1026条)、遺言者は生前はいつでも、遺言を撤回できます。
    一度作成した有効な書式の自筆証書遺言を撤回するには、撤回の意思表示を自筆証書遺言など遺言の方式に基づいて行わなければなりません(民法1022条)。もっとも、わざと遺言書を破棄したようなばあいは、遺言を撤回したものと看做されます(民法1024条)。
    また、前の遺言と抵触する内容の後の遺言は、前の遺言の撤回と看做されます(民法1023条1項)。したがって、前の遺言と矛盾抵触する内容の遺言書を新たに作成すれば、後の遺言が有効ということになります。しかし、矛盾抵触を巡って疑義が生じる場合もありますので、後の遺言に内容を撤回したい部分について、撤回部分を明らかにして撤回すると明記した方が、相続人間の無用な紛争を減らすことができると考えられます。
    遺言を撤回した場合、その撤回を撤回することは出来ません(民法1025条)。また、撤回が取り消されたり、無効となっても、詐欺又は脅迫によりなされた撤回の意思表示で無い限り、撤回された遺言の効力は復活しません(民法1025条本文、但書)。

    遺言の取消し

    負担付き遺贈に関しては、遺言を取り消すことができます。この場合、相当の期間を定めて催告したうえで、期間内に履行がないとき、家庭裁判所に取り消しを請求することができます(以上、民法1027条)。






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[遺言]内の記事一覧
    遺言書の作成について

    あなたの遺志を適正に伝えるお手伝いをします。


    …続きを読む。




    自筆証書遺言の有効要件

     民法968条1項は「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 」と定めています。  これが、法の求める自筆証書遺言の要件


    …続きを読む。




    自筆証書遺言の検認について

     民法1004条1項は遺言は検認されなければならないことを定めています。また、民法1004条2項は公正証書遺言には民法1004条1項を適用しないと定めています。  自筆証書遺言も遺言にあた


    …続きを読む。




    遺言とは


    …続きを読む。




    遺言の効力

    遺言の効力発生時期 遺言は、原則的に遺言者が死亡した時点でその効力を生じます(民法985条1項)。但し、遺言者が、遺言の効力発生に何らかの条件(停止条件)を付した場合は、遺言者が死亡後、指


    …続きを読む。




    公正証書遺言

    普通の方式の遺言の一類型、公正証書遺言 死亡の危急に迫る等して特別の方式が許される事情がない限り(民法967条但書)、遺言は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のいずれかの普通


    …続きを読む。




    遺言執行者

    遺言執行者 遺言者は、遺言で、一人また数人の遺言執行者を指定できます(民法1006条1項)。遺言執行者は、相続人の代理人とみなされます(民法1015条)。相続人は死亡しているので、本


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。