• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <様々な交通事故案件について><交通事故><交通事故全般>
    I2練馬斉藤法律事務所
    交通事故被害特設サイト

    むち打ち・死亡案件・重度後遺症・交通事故訴訟等各種取扱実績有。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-10-23 23:51:25に更新『交通事故と自由診療』
    2017-10-18 17:02:57に更新『交通事故案件の取扱い対応地域について』
    2017-10-18 17:01:20に更新『交通事故無料法律相談』
    2017-10-08 21:22:07に更新『交通事故刑事記録の開示について』
    2017-10-05 23:10:50に更新『交通事故案件依頼のメリット・受任の流れ』

    交通事故

    交通事故全般

    最終更新2016-01-24 20:25:30



    様々な交通事故案件について

    様々な交通事故案件について


    交通事故案件も,事故態様や受傷態様からさまざま事案に類型化することが出来ます。それぞれの類型と,交通事故示談における留意点を記載しています。なお,当該類型はI2練馬斉藤法律事務所の独自の分類類型となります。

    追突事故


    信号待ち停車中など,事故車両停車中に後方などから一方的に追突される態様の事故です。被害車両停車中の事故であることから,原則的に過失割合が100:0と認定されやすい類型の事故です。したがって,過失割合はあまり争点とされません。後方からの追突という事故形態から頸椎捻挫、腰椎捻挫(いわゆるむちうち)を受傷される方が多い類型の事故でもあります。

    頸椎捻挫・腰椎捻挫(いわゆるむちうち)の交通事故受傷


    交通事故の受傷類型として,もっとも多いものが頸椎捻挫・腰椎捻挫(いわゆるむちうち)の受傷です。頸椎捻挫・腰椎捻挫の受傷について,もっとも注意しなければならないポイントのひとつが,通院期間です。頸椎捻挫・腰椎捻挫の通院期間については,実務上6カ月がひとつの区切りとされ,6カ月を超えて通院したい交通事故被害者と,任意保険会社の間で治療費の打ち切りなどをめぐり紛争となることがあります。逆に,任意保険会社も医師も何も言わないため1年以上通院を続けるケースもあります。しかし,通院期間が長すぎるとして事後的に民事訴訟で一定期間の通院費を自己負担分と認定されることがあります。この場合,慰謝料などの損害賠償金が逓減することになります。交通事故受傷の被害者が頸椎捻挫・腰椎捻挫を交通事故受傷された場合,6カ月をめどに,法的な側面から通院の是非を判断するため,法律相談していただくことをお勧めします。このように,頸椎・腰椎捻挫受傷の交通事故案件は,通院期間が一つの大きなポイントとなっています。
    また、バレリュー症候群や,頭痛、腰痛などの神経症状が残存し,長期間後遺症に苦しむケースも稀ではありません。後遺症部分の損害について裁判所基準の正当な賠償金を加害者や加害者加入の保険会社に支払わせることが,重要です。


    死亡案件


    交通事故被害者が死亡した場合の交通事故類型です。被害者が死亡されていますので,原則的には後遺障害などは問題とならず,案件として争点があまり発生しない場合もあります。争点が発生する場合は,事故態様(事故と死亡の因果関係や過失割合)や逸失利益などが争点となることが多く,賠償金が高額となることから激しく争われるケースもあります。被害者が相当程度高齢の場合,自賠責保険金だけで賠償金が全て賄われてしまうことがあり、弁護士介入がメリットとならないケースもあり、この点も注意が必要です。

    可動域制限


    交通事故受傷による骨折などのあとに,治療期間を経て症状固定した際,両手足,肩,腰,手指などの関節に拘縮等が生じて関節可動域制限が残存する事案です。拘縮の原因が長期間のギプスなどによる固定に基づいている場合があり,交通事故受傷との因果関係が争われやすい事故類型となります。

    外貌醜状


    交通事故受傷後,治療を施しても元に戻らない顔や,身体の露出しやすい部分に残存した大きな傷跡は後遺症と評価されることになります。この,顔や身体の傷跡を後遺障害等級認定においては,外貌醜状と呼んで,後遺障害の等級認定対象としています。職業に応じて逸失利益に違いが生じるのか,男女において逸失利益などに差異を認めるべきかなど,多様な争点が論じられてきた部分です。

    腰椎・頸椎損傷,遷延性意識障害など重篤な後遺症を伴う交通事故受傷


    交通事故受傷により、いわゆる植物状態となったり,寝たきり,車いすでの生活を余儀なくされるなど,高度に重篤な後遺症が残存する案件です。賠償額が高額となりやすく,専門家の適切な対応が強く望まれる分野です。

    精神疾患を伴う交通事故


    交通事故受傷により,交通事故自体の恐怖や,交通事故により職を失うという不運から,精神的な疾患を併発するケースが後を絶ちません。精神疾患は身体的な怪我と異なり,目に見えないことから,交通事故との因果関係や発症そのものが争われるケースがとても多い事故類型となっています。





    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[交通事故全般]内の記事一覧
    様々な交通事故案件について

    様々な交通事故案件について 交通事故案件も,事故態様や受傷態様からさまざま事案に類型化することが出来ます。それぞれの類型と,交通事故示談における留意点を記載しています。なお,当該類型は


    …続きを読む。





    カテゴリー[交通事故]記事一覧

    過失相殺/素因減額


    素因減額過失相殺について

    交通事故事例集


    交通事故事例集

    お問い合わせ方法(交通事故)


    交通事故に関するお問い合わせについて

    アクセス(交通事故)


    事務所までのアクセス

    弁護士紹介(交通事故)


    弁護士齋藤理央紹介

    交通事故と治療


    交通事故と自由診療



    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。