• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <刑法各論:論点:強姦致死罪・強姦致傷罪><刑事弁護><刑法論点集>
    I2練馬斉藤法律事務所/刑事弁護特設サイト
    起訴前弁護、刑事訟廷法務第一審、上訴審、裁判員裁判各種取扱実績有


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    刑事弁護2017-12-29 05:26:04に更新『執行猶予期間の進行開始と,執行猶予の取消』
    2017-11-11 21:11:16に更新『薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予』
    2017-11-11 20:14:39に更新『刑の全部執行猶予について』
    2017-11-11 20:10:15に更新『刑の一部執行猶予について』
    2017-10-07 19:37:36に更新『少年審判における処分の種別』

    刑事弁護

    刑法論点集

    最終更新2016-09-03 15:32:19



    刑法各論:論点:強姦致死罪・強姦致傷罪

    ・強姦致死、致傷と故意:強姦犯人が殺人の故意をもって被害者を殺害した場合、強姦致死罪一罪とされるのか。また、強姦犯人が傷害の故意をもって被害者を傷害した場合、強姦致傷一罪とされるのか。

     肯定説:この点181条は、殺人および傷害の故意ある場合を含むとして181条1項1罪で処断すれば、殺人の場合に比し法定刑が軽くなってしまい均衡を失する。そこで、肯定説は、殺人の場合、181条1項と、199条の観念的競合として修正をはかる(もっとも、死の2重評価は避けられない)。

     否定説:これに対して、181条1項は結果的加重犯であり、故意ある場合を含まないとすれば、177条と199条のないし204条の観念的競合となる。しかし、この場合、強姦致傷に比し、刑が軽くなりすぎる。そこで、判例は181条1項に故意ある場合を含まないとしながら、181条1項と199条ないし204条の観念的競合として処断する(死亡、傷害結果の2重評価となることは避けられない。また、故意ある場合を含まないはずの、181条1項を適用するのはおかしい。との批判がある。)。






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号




    カテゴリーは指定されていません。




    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    みどりの町、文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区を初めとして、中野区、板橋区、杉並区、多摩地区、埼玉県などから御相談しやすい立地となっておりますので、お気軽に御相談ください。

    練馬区はみどりの町として、23区でありながら農場や牧場などを残すほか、アニメ・マンガのまちとして有名であるなど、様々な特徴を持った特別区です。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、質の高いリーガルサービスの提供といったニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。