• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <義務付け訴訟><行政法務><行政救済訴訟>
    I2練馬斉藤法律事務所
    著作権・知的財産権・ICTウェブ法務・広告法務・商取引・交通事故・損害賠償・旅行法務等各種法務取扱。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-12-11 10:43:17に更新『「i2」法務その他取扱/「練馬」駅1分/東京弁護士会所属「齋藤」理央/「I2練馬斉藤法律事務所」』
    2017-12-09 20:18:32に更新『事務所の概要について』
    2017-12-09 19:48:59に更新『事務所からのお知らせ/インフォメーション』
    2017-11-30 13:20:52に更新『プライバシーポリシー』
    2017-11-15 22:21:59に更新『法律相談について』

    行政法務

    行政救済訴訟

    最終更新2016-09-03 19:58:20



    義務付け訴訟

    ①義務付け訴訟:行政庁に一定の処分・裁決をすべきことを命じることを求める訴訟を、義務付け訴訟といいます。
     ①-①類型:義務付け訴訟は、申請を前提としない、非申請型と、申請に基づく一定の処分を求める、申請型があります。申請型には、不作為に対して応答を求める不作為型と、申請に対する違法な応答の是正を求める拒否処分型があります。
     ①-②法的構成:義務付け訴訟を給付訴訟と構成し、一定の行政処分を求める実体法上の請求権を実現するものとして構成することも考えられました(請求権構成)。しかし、行政事件訴訟法は、義務付け訴訟を明定し、形成訴訟という司法判断を経て、行政庁に一定の義務が発生する制度構成を採用しました(訴訟類型構成)。
     ①-③処分の一定性:義務付け訴訟は一定の処分を求めるが、求めるべき処分をどの程度まで特定すべきかが問題となります。この点、いたづらに厳格に特定性を要求すれば原告の負担が過大となり訴訟手続きが利用しづらくなってしまいます。そこで、裁判所が審判を求めている処分を、他の行政処分と区別できる程度に特定されていれば足るものと解すべきです。

    ②非申請型義務付け訴訟:申請に基づかない直接型の義務付け訴訟です。
     ②-①訴訟要件:非申請型の義務付け訴訟が本案審理されるための要件です。
      ②-①-①重大な損害:非申請型の義務付け訴訟が認められるために、処分がされないことにより重大な損害を被ることが要件とされます。形式的な厳格さを求める趣旨でなく、司法が行政に介入することを必要なら閉める程度に、救済の要請が高い場合を指すと解されます。したがって、損害の回復困難性などの損害の性質に加え、処分の性質、態様も加味して判断されることになります(37条の2第2項)。
      ②-①-②補充性:この要件は、非申請型の義務付け訴訟に変わる代替ルートが特に法律により規定されているような場合に限り、適用されるべきです(過大な申告に対する減額を求める更正請求制度など)。もっとも、自己に対する処分を求めるような場合、たとえば、自己に対する職権取り消しを義務付けるとか、自己に対する処分の変更を義務付ける訴訟などは、取消訴訟によるべきと解されます。
     ②-①-③原告適格:非申請型の義務付け訴訟には、一定の処分を義務付ける法律上の利益を有する者に限って、提起できます。法律上の利益とは、原告が有する処分により侵害される可能性のある法律上保護された利益を指します。そして、法律上保護されていると言い得るには、処分の根拠法規が一般公益に解消させることなく、個別具体的な法益として保護している必要性があります。法律上保護された利益であるか否かについては、関連法規の趣旨を含め、また、処分の結果侵害される利益の、程度、性質も勘案してこれを決定することになります。
    ②-②本案要件:非申請型の義務付け訴訟が認容される要件です。
     ②-②-①本案勝訴要件:非申請型義務付け訴訟の本案勝訴要件は、処分をすべきことが根拠法規から明確であり処分をしない裁量を観念する余地がない場合、ないし、裁量を観念できても処分をしないことが裁量権の逸脱・濫用にあたる場合です。一義性の要件は従来訴訟要件とされたが、本案要件として明文化されました。
     ②-②-②第三者の手続き保障:義務付け訴訟が認容されれば、第三者は手続き保障を受けられないままに、不利益処分を受けることになります。従って、第三者の手続き的利益を保護するため、第三者に対する訴訟告知(民事訴訟法53条)を経た場合のみ、本案が認容されるべきです。

    ③申請型義務付け訴訟:法令に規定された申請権に基づく申請者にのみ原告適格が認められる、申請前提型の義務付け訴訟です。
     ③-①訴訟要件
      ③-①-①併合提起:申請型の義務付け訴訟は、行政の不作為、ないし作為の違法を訴訟要件・本案要件とされます。したがって、それらの行為の違法確認、取消などを宣言する他の抗告訴訟と併合提起され、初めて適法な法律関係を実社会に反映できることになります。そこで、申請型義務付け訴訟において、他の抗告訴訟との併合提起が訴訟要件とされます。
     ③-①-②原告適格:法令に基づく申請権者が申請を行った場合に原告適格が付与されまする。明文に規定されなくとも、解釈上の申請権限で足ります。また、内規、要綱に基づく場合も一般条理上、応答義務が認められればたります。
     ③-②本案要件:申請型義務付け訴訟は、ⅰ.併合提起された訴訟に理由があると認められ、ⅱ.処分をしない裁量が認められない(一義性)か、裁量が認められても処分をしないことが裁量の逸脱・濫用といえる場合に違法となります。






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[行政救済訴訟]内の記事一覧
    取消訴訟

    ①処分性:処分の取消の訴えとは、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為(…以下単に「処分」という。)」の取消を求める訴えを言います(行政事件訴訟法3条2項)。この「処分」の意義が


    …続きを読む。




    無効等確認の訴え、不作為の違法確認の訴え

    ①-①:無効等確認の訴え:無効等確認の訴えとは、処分、裁決のⅰ有効、ⅱ無効、ⅲ存在、ⅳ不存在を確認する訴訟をいいます(行訴法3条4項)。 ①-②:原告適格:無効等確認の訴えにも、「法律


    …続きを読む。




    不作為の違法確認訴訟

    ①不作為の違法確認:行政庁が、申請に対して何らかの応答をしない場合、応答をしない不作為について、違法を確認する訴訟形態が、不作為の違法確認訴訟です(行政事件訴訟法3条5項)。もっとも敗訴した行政庁に


    …続きを読む。




    義務付け訴訟

    ①義務付け訴訟:行政庁に一定の処分・裁決をすべきことを命じることを求める訴訟を、義務付け訴訟といいます。  ①-①類型:義務付け訴訟は、申請を前提としない、非申請型と、申請に基づく一定の処分を求め


    …続きを読む。




    差止訴訟

    ①差止訴訟:一定の処分・裁決をすべきでないのに、これがされようとしてる場合に、処分、裁決をしないことを命ずるを求める訴えを差止訴訟といいます。事後的な取消では間に合わず、事前に処分を差止める必要性が


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。