• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <交通事故が発生した場合の報告><交通事故><交通事故と手続き>
    I2練馬斉藤法律事務所
    交通事故被害特設サイト

    むち打ち・死亡案件・重度後遺症・交通事故訴訟等各種取扱実績有。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-10-23 23:51:25に更新『交通事故と自由診療』
    2017-10-18 17:02:57に更新『交通事故案件の取扱い対応地域について』
    2017-10-18 17:01:20に更新『交通事故無料法律相談』
    2017-10-08 21:22:07に更新『交通事故刑事記録の開示について』
    2017-10-05 23:10:50に更新『交通事故案件依頼のメリット・受任の流れ』

    交通事故

    交通事故と手続き

    最終更新2015-01-26 15:23:29



    交通事故が発生した場合の報告

    交通事故が発生した場合,道路交通法第72条1項によって,負傷者の救護,交通事故の報告義務が課されています。

     報告を行うべき対象は,「警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官」です。

    道路交通法第72条

    交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

    2  前項後段の規定により報告を受けたもよりの警察署の警察官は、負傷者を救護し、又は道路における危険を防止するため必要があると認めるときは、当該報告をした運転者に対し、警察官が現場に到着するまで現場を去つてはならない旨を命ずることができる。

    3  前二項の場合において、現場にある警察官は、当該車両等の運転者等に対し、負傷者を救護し、又は道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため必要な指示をすることができる。

    4  緊急自動車若しくは傷病者を運搬中の車両又は乗合自動車、トロリーバス若しくは路面電車で当該業務に従事中のものの運転者は、当該業務のため引き続き当該車両等を運転する必要があるときは、第一項の規定にかかわらず、その他の乗務員に第一項前段に規定する措置を講じさせ、又は同項後段に規定する報告をさせて、当該車両等の運転を継続することができる。



     このように,交通事故が発生した場合,「警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官」に交通事故の発生を報告しなければなりません。

     警察官に報告することで交通事故の発生が記録され,後日,交通事故証明書の発行が可能となります。

     逆に言えば,交通事故の発生を報告しておかなければ,交通事故が記録されず,公的な記録に交通事故の発生等基本情報さえ残らないという事態にもなり得ます。

     交通事故証明書は,交通事故の存在及びその日時を証明する基本的な書面となりますので,示談や訴訟を行ううえで必ず必要になるといっても過言ではありません。

     したがって,交通事故被害に遭われた場合,法律上の報告義務が課されていることも踏まえて,まずは警察に連絡をする必要があります。

     交通事故証明書は,交通事故の存在及びその日時を証明する基本的な書面となりますので,示談や訴訟を行ううえで必ず必要になるといっても過言ではありません。

     したがって,交通事故被害に遭われた場合,法律上の報告義務が課されていることも踏まえて,まずは警察に連絡をする必要があります。

    報告を怠った場合罰則についても定められています。交通事故発生の報告を怠った場合の罰則





    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[交通事故と手続き]内の記事一覧
    交通事故が発生した場合の報告

    交通事故が発生した場合,道路交通法第72条1項によって,負傷者の救護,交通事故の報告義務が課されています。  報告を行うべき対象は,「警察官が現場にいるときは当該警察官に、警


    …続きを読む。




    交通事故を人身事故として届け出るべきか

    交通事故は過失に基づいて起こされるものであり,したがって,交通事故の被害が物的損害にとどまる限り,刑法上の犯罪には該当しないものと解されます。なぜなら,物的損害については故意に基づく器物損壊罪等の規程


    …続きを読む。




    交通事故発生の報告を怠った場合の罰則について

     道路交通法第119条第1項9号,同柱書は「次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。 …十  第七十二条(交通事故


    …続きを読む。





    カテゴリー[交通事故]記事一覧

    過失相殺/素因減額


    素因減額過失相殺について

    交通事故事例集


    交通事故事例集

    お問い合わせ方法(交通事故)


    交通事故に関するお問い合わせについて

    アクセス(交通事故)


    事務所までのアクセス

    弁護士紹介(交通事故)


    弁護士齋藤理央紹介

    交通事故と治療


    交通事故と自由診療



    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。