• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <行政裁量><行政法務><行政法総論>
    I2練馬斉藤法律事務所
    著作権・知的財産権・ICTウェブ法務・広告法務・商取引・交通事故・損害賠償・旅行法務等各種法務取扱。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-12-14 00:29:45に更新『事務所からのお知らせ/インフォメーション』
    2017-12-14 00:17:11に更新『I2法務特設サイトとの統合について』
    2017-12-12 02:19:07に更新『「i2」法務その他取扱/「練馬」駅1分/東京弁護士会所属「齋藤」理央/「I2練馬斉藤法律事務所」』
    2017-12-12 02:15:57に更新『I2練馬斉藤法律事務所応援キャラクターについて』
    2017-12-12 00:54:11に更新『I2練馬斉藤法律事務所報酬算定表』

    [著作権・ICT・知的財産・広告・商取引法務]特設サイト更新履歴

    サイトコンテンツ▶ 意匠の類否判断更新2017-12-15 17:57:51

    サイトコンテンツ▶ 開示関係役務提供者と被侵害者の関係更新2017-12-15 00:16:22

    サイトコンテンツ▶ 開示関係役務提供者と発信者の関係更新2017-12-15 00:12:20

    サイトコンテンツ▶ 著作権法務更新2017-12-10 05:46:26

    サイトコンテンツ▶ サイトコンテンツ一覧更新2017-12-04 18:10:49

    サイトコンテンツ▶ クリエイト・フォー・ザ・クライアント更新2017-12-04 17:36:30

    サイトコンテンツ▶ このウェブサイトについて更新2017-12-04 16:57:32

    サイトコンテンツ▶ ウェブサイトに関する注意事項更新2017-12-04 16:43:28

    サイトコンテンツ▶ I2練馬斉藤法律事務所の特徴とメリット更新2017-12-02 04:12:44

    サイトコンテンツ▶ クリエイト・コミニュケーション&コマース I2練馬斉藤法律事務所更新2017-11-30 23:52:30

    サイトコンテンツ▶ グッズ、広告などクリエイトの商業利用更新2017-11-18 14:21:18

    サイトコンテンツ▶ WEB広告の規制更新2017-11-16 16:47:41

    サイトコンテンツ▶ 広告法務更新2017-11-16 16:45:39

    サイトコンテンツ▶ 電子商取引・eコマース法務更新2017-11-16 16:44:58

    サイトコンテンツ▶ ウェブサイトと特定商取引に関する法律更新2017-11-16 16:43:35

    行政法務

    行政法総論

    最終更新2016-09-03 20:24:49



    行政裁量

    ①行政裁量:行政裁量とは、法律が行政機関に独自の判断余地を与え、一定の活動に自由を認めている場合をいう。行政裁量は、行政行為に限られず、行政立法、行政契約、行政計画など、あらゆる場面で問題になる。

    ②行政裁量の司法審査:法律が一定の裁量を認めている以上、裁量の範囲内では法律の解釈、適用の問題を生じない。したがって、裁判所の司法審査は、裁量の逸脱、濫用の点に限られることになる(行政事件訴訟法30条)。すなわち、立法者が行政機関に裁量権を与えた趣旨に反する場合に初めて、違法判断を下す。
     注1)なお、裁量の範囲内の行為であっても、当該行政行為について、当・不当の問題は生じる。したがって、不当な行為について、行政不服申し立てによる是正が及ぶことは、ありうる。

    ③裁量統制の構造:伝統的には、羈束行為と、裁量行為に二分した上で、裁量行為に司法審査を及ぼすための概念として法規裁量行為を観念して、司法審査の及ばない自由裁量行為と区別するのが、裁量統制の理論構成であった。しかし、現在では、裁量行為にも行政事件訴訟法30条により司法審査が及ぶことが明言された。したがって、法規裁量と自由裁量という概念枠組みは、一定程度重要性を失っている。現在ではむしろ、いかなる場合に裁量の逸脱・濫用といえるかに、裁量統制の理論構築の重点は、移っている。

    ④裁量が認められるステージ:自由裁量が観念できるポイントについて、要件裁量説と、効果裁量説の対立があった。しかし、現在では要件、効果両方に裁量が観念できることに、争いはない。また、自由裁量という観念が重要性を失った今、ⅰ.国民の権利を制限する消極的規制については裁量の余地が狭く、ⅱ.国民に権利を与える積極的規制については、裁量の余地が広いという、目安が重要である。
     ④-①要件裁量:政治的に高度な判断が要求される事案や、専門技術的事項に関わる事案については、要件裁量が広く認められる。したがって、行政機関のした判断に裁量の逸脱、濫用がある場合に初めて、司法審査が及ぶことになる。
     ④-②効果裁量:効果裁量については、どのような行動を選択するかの段階と、実際に処分をする、しないの段階を観念できる。処分をすべきであるのに、しないことは、不作為の違法性の問題である。この点に関して権限の不行使について、一定の場合裁量権が収縮するとの見解もある。しかし、判例は、処分をしないことが著しく不合理であることが明白な場合に限って、処分が違法となるとする。
     ④-③事実認定:判例(最判平成18年11月2日-小田急高架訴訟本案判決)は、判断の基礎とされた重要な事実について、事実誤認などにより基礎を欠く場合、裁量権の逸脱・濫用に該当すると判示する。すなわち、判断の基礎とされた重要な事実が基礎を欠けば、行政の判断は裁量を付与される前提を欠き、裁量権を与えた趣旨に反する。
     ④-④時の裁量:効果裁量の一要素として、何時その行為を行うかという、ときの裁量を認める見解がある。判例(最判昭和60年7月16日-品川マンション事件)は、建築主事に建築確認を留保する余地を認めた。すなわち、行政行為を留保することが、社会通念上合理的と認められる場合、留保も適法となると判示した。もっとも、判例は事例の結論としては、留保は違法とした。

    ⑤裁量統制の基準:裁判所が行政庁の裁量行為を審査する場合の具体的審査基準が問題となる。
     ⑤-①判断過程審査:行政機関の行動に一定の自由が認められる場合、裁量に基づいた行為の違法性は裁量権の逸脱、濫用によってしか、審査されない。そして裁判所は、裁量権の逸脱・濫用を審査する際、行政庁が実際に行った行為に着目するのではなく、行為にいたった判断過程に過誤が無いかに重点をおく。すなわち、判断過程に過誤があれば、行政機関の裁量の趣旨に反した行動が推測される。たとえば判例(東京高判昭和48年7月13日-日光太郎杉事件)は、ⅰ.考慮すべき事項を考慮しなかったこと、ⅱ.考慮すべきでない事項を考慮したこと、ⅲ.過大に評価すべきでない事項を過重に評価したこと、によって、判断が左右された場合、処分は裁量を逸脱して違法となるとしている。
     ⑤-②判断の過誤:以上の判断過程審査を加味し、行政の判断に過誤がある場合に、行政権が裁量を行使する前提を欠き、法規の趣旨に違背するとして、裁量権の逸脱、濫用が認められる。すなわち、ⅰ.判断の前提とされた重要な事実が、事実誤認などによりその基礎を欠く場合、ⅱ.判断内容が社会通念上著しく妥当性を欠く場合に、違法の評価が下される(前掲小田急高架訴訟本案判決)。そして、ⅱ.を導く要素として、Ⅰ.事実に対する評価が明らかに合理性を欠くこと、Ⅱ.考慮すべき事項を考慮していないこと、などが挙げられる。
     ⑤-③目的違反・動機違反:法律の趣旨と異なる目的・動機で処分をなした場合、処分は違法となる(最大判昭和42年5月24日、最判昭和48年9月14日)。
     ⑤-④信義則:裁量内の行為であっても、行為に信義則違反がある場合、違法の評価が下る。
     ⑤-⑤比例原則:裁量の範囲内の行為であっても、明らかに必要でない場合や、必要性の程度を超える処分がされた場合、比例原則違反として、違法と評価される。
     注1)もっとも、比例原則違反は、判断の合理性の問題として、判断の過誤の審査において問題ともしえる。
     ⑤-⑥人権:平等権をはじめとする、人権侵害の有無、程度は、裁量統制に加味される。人権の性質、制約の程度によって、裁量が狭くなる場面もありうると考える。






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[行政法総論]内の記事一覧
    行政裁量

    ①行政裁量:行政裁量とは、法律が行政機関に独自の判断余地を与え、一定の活動に自由を認めている場合をいう。行政裁量は、行政行為に限られず、行政立法、行政契約、行政計画など、あらゆる場面で問題になる。


    …続きを読む。




    行政法の意義

    ①行政法の意義:憲法は理念としての重要性が高い。これに対して、行政法は、身近な生活に密接に関係する行政を統制する法として、日常性、身近な法としての重要性が高い。行政法という単一の法典は存在しないが、


    …続きを読む。




    法律による行政の原理/行政作用の諸形式

    ①法律による行政の原理:行政活動は、法律に基づき、法律に従って行わなければならない。これを、法律による行政の原理という。立法作用に基づく行政作用の事前拘束と、司法作用に基づく事後的統制が、行政の専横


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。