• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <訴えの提起前における証拠収集の処分等><民事訴訟><証拠保全>
    I2練馬斉藤法律事務所
    著作権・知的財産権・ICTウェブ法務・交通事故・損害賠償・企業法務・旅行法務等各種法務取扱。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2018-02-22 16:56:05に更新『人身傷害保険など損益相殺と過失相殺の順序』
    2018-02-22 16:34:12に更新『損害賠償請求権の発生原因』
    2018-02-22 00:32:50に更新『交通事故と損益相殺』
    2018-02-22 00:13:31に更新『民法上の不法行為における正当防衛・緊急避難・自力救済』
    2018-02-22 00:12:46に更新『損益相殺(的な調整)』

    [著作権・ICT・知的財産・広告・商取引法務]特設サイト更新履歴

    サイトコンテンツ▶ キャラクター保護法務更新2018-02-21 21:45:12

    サイトコンテンツ▶ ウェブサイト保護法務更新2018-02-21 21:38:15

    サイトコンテンツ▶ インターネット上の著作権侵害更新2018-02-21 21:27:35

    サイトコンテンツ▶ 「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務更新2018-02-21 14:38:19

    ブログ▶ ディフォルメ更新2018-02-17 14:11:13

    ブログ▶ 平成26年7月30日 東京地方裁判所 民事29部 #判決 (平成25年(ワ)第28434号 著作権侵害差止等請求事件 )①サイトレイアウトの著作権侵害について更新2018-02-15 08:08:30

    ブログ▶ 平成26年7月30日 東京地方裁判所 民事29部 #判決 (平成25年(ワ)第28434号 著作権侵害差止等請求事件 )②規約の著作権侵害について更新2018-02-15 08:07:59

    ブログ▶ 平成30年1月30日 東京地方裁判所 民事46部 請求認容 判決(平成29年(ワ)第37117号 発信者情報開示 請求事件)更新2018-02-15 07:20:38

    サイトコンテンツ▶ 物語形式デジタルコンテンツNote of Float Islandのご紹介更新2018-02-13 03:17:00

    サイトコンテンツ▶ グッズ、広告などクリエイトの商業利用更新2018-02-13 02:53:02

    サイトコンテンツ▶ イラストレーション保護法務更新2018-02-13 02:50:40

    サイトコンテンツ▶ サイトコンテンツ一覧更新2018-02-13 02:28:35

    サイトコンテンツ▶ コンテンツの制作段階からの法的支援について更新2018-02-13 02:12:09

    サイトコンテンツ▶ 著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談更新2018-02-13 02:06:35

    サイトコンテンツ▶ 著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について更新2018-02-13 02:02:59

    民事訴訟

    証拠保全

    最終更新2016-09-03 20:46:03



    訴えの提起前における証拠収集の処分等

    裁判所が適切な争点および証拠の整理を行う前提として、当事者が必要な情報を得ている必要があります。そのため、当事者の情報収集を補助する制度の一つが、提訴前照会制度です(民事訴訟法132条の2第1項)。

    ただし、相手方の利益も考慮し、照会が許されない場合も規定されています(同但書)。

    もっとも、相手方が承諾すれば、本来照会が許されない場合でも、例外的に照会できる場合があります(民事訴訟法132条の2第2項)。

    提訴前照会は提訴前の行為であるから、厳格に請求の趣旨、原因を記載する事までは求められません(同3項)。

    照会期間は、4ヶ月であり、これを潜脱できないよう配慮されています(同4項)。

    照会の相手方が返答した場合、相手方にも、照会権限を付与するのが公平とされています(民事訴訟法132条の3第1項)。

    提訴前に当事者が適切な証拠を入手している事は、迅速な裁判の実現につながります。そこで、提訴前証拠収集処分により、当事者の証拠収集を裁判所が一定範囲で補助します(民事訴訟法132条の4)。

    嘱託者の負担と、迅速な回答を志向し、回答期限を付されています(民事訴訟法132条の6第1項)。

    回答は、保全できるよう(同4項)に書面が望まれています(同2項)。

    証拠収集の請求は、必要な処分か判定するため、要証事実を明示して、する必要があります(同5項)。

    収集された証拠資料は、裁判所が保有し、両当事者に公平に提供することになります民事訴訟法132条の7第1項)。

    提訴前の当事者のための処分に過ぎないことから、不服申し立てはできません(民事訴訟法132条の8)。






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[証拠保全]内の記事一覧
    訴えの提起前における証拠収集の処分等

    裁判所が適切な争点および証拠の整理を行う前提として、当事者が必要な情報を得ている必要があります。そのため、当事者の情報収集を補助する制度の一つが、提訴前照会制度です(民事訴訟法132条の2第1項)


    …続きを読む。




    金融機関の守秘義務と情報開示

    平成19年12月11日最高裁第三小法廷決定(平19(許)23号 文書提出命令に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件)金融・商事判例1289号57頁は、「ところで,金融機関は,顧客との間で顧客情報について


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。