• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <交通事故を人身事故として届け出るべきか><交通事故><交通事故と手続き>
    I2練馬斉藤法律事務所
    交通事故被害特設サイト

    むち打ち・死亡案件・重度後遺症・交通事故訴訟等各種取扱実績有。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-10-23 23:51:25に更新『交通事故と自由診療』
    2017-10-18 17:02:57に更新『交通事故案件の取扱い対応地域について』
    2017-10-18 17:01:20に更新『交通事故無料法律相談』
    2017-10-08 21:22:07に更新『交通事故刑事記録の開示について』
    2017-10-05 23:10:50に更新『交通事故案件依頼のメリット・受任の流れ』

    交通事故

    交通事故と手続き

    最終更新2015-01-26 15:24:05



    交通事故を人身事故として届け出るべきか

    交通事故は過失に基づいて起こされるものであり,したがって,交通事故の被害が物的損害にとどまる限り,刑法上の犯罪には該当しないものと解されます。なぜなら,物的損害については故意に基づく器物損壊罪等の規程はありますが,原則的に過失犯を処罰する規定はおかれていないものと解されるからです。

     これに対して,人的損害が生じてしまった場合,つまり,死者や負傷者が出た場合は,過失に基づく結果の発生であっても,自動車運転過失致傷罪等の規定によって処罰されることになります。

     したがって,過失に基づく事故の場合でも,人的損害が発生している事案については,原則的に警察等の捜査機関も実況見分などの捜査を行う必要性が発生してくることになります。

     このように,届け出をすることで警察が捜査を行う状況が原則的に発生する人的損害が発生している事故を,このサイトでは人身事故として把握していきます。

     交通事故に基づく人的損害が発生した場合,人身事故として届け出るか否かが,被害者の判断にゆだねられる場合があります。重大な人身事故であれば当然捜査が開始される場合もあるものと思料されますが,比較的軽佻と判断される怪我の場合,人身事故の届け出がなければ,警察も捜査を開始しない場合があります。

     捜査が開始されないと,実況見分調書などの書類が作成されないため,のちの示談交渉や,民事訴訟において、過失割合に争いがある場合など,事故態様を証する書面がないことになり,示談交渉や民事訴訟に支障を来す場合があり得ることになります。

     そこで,特段の事情のない限り,交通事故被害に遭われた方は,人身事故として届け出をして,自らに有利な事故態様であることなどを公的な書面に残存するように行動した方が,後々有利になる場合もあり得ると言えます。





    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[交通事故と手続き]内の記事一覧
    交通事故が発生した場合の報告

    交通事故が発生した場合,道路交通法第72条1項によって,負傷者の救護,交通事故の報告義務が課されています。  報告を行うべき対象は,「警察官が現場にいるときは当該警察官に、警


    …続きを読む。




    交通事故を人身事故として届け出るべきか

    交通事故は過失に基づいて起こされるものであり,したがって,交通事故の被害が物的損害にとどまる限り,刑法上の犯罪には該当しないものと解されます。なぜなら,物的損害については故意に基づく器物損壊罪等の規程


    …続きを読む。




    交通事故発生の報告を怠った場合の罰則について

     道路交通法第119条第1項9号,同柱書は「次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。 …十  第七十二条(交通事故


    …続きを読む。





    カテゴリー[交通事故]記事一覧

    過失相殺/素因減額


    素因減額過失相殺について

    交通事故事例集


    交通事故事例集

    お問い合わせ方法(交通事故)


    交通事故に関するお問い合わせについて

    アクセス(交通事故)


    事務所までのアクセス

    弁護士紹介(交通事故)


    弁護士齋藤理央紹介

    交通事故と治療


    交通事故と自由診療



    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。