• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <訴状における当事者の特定><民事訴訟><民事訴訟手続>
    I2練馬斉藤法律事務所
    著作権・知的財産権・ICTウェブ法務・広告法務・商取引・交通事故・損害賠償・旅行法務等各種法務取扱。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-12-14 00:29:45に更新『事務所からのお知らせ/インフォメーション』
    2017-12-14 00:17:11に更新『I2法務特設サイトとの統合について』
    2017-12-12 02:19:07に更新『「i2」法務その他取扱/「練馬」駅1分/東京弁護士会所属「齋藤」理央/「I2練馬斉藤法律事務所」』
    2017-12-12 02:15:57に更新『I2練馬斉藤法律事務所応援キャラクターについて』
    2017-12-12 00:54:11に更新『I2練馬斉藤法律事務所報酬算定表』

    [著作権・ICT・知的財産・広告・商取引法務]特設サイト更新履歴

    サイトコンテンツ▶ 開示関係役務提供者と被侵害者の関係更新2017-12-15 00:16:22

    サイトコンテンツ▶ 開示関係役務提供者と発信者の関係更新2017-12-15 00:12:20

    サイトコンテンツ▶ 著作権法務更新2017-12-10 05:46:26

    サイトコンテンツ▶ サイトコンテンツ一覧更新2017-12-04 18:10:49

    サイトコンテンツ▶ クリエイト・フォー・ザ・クライアント更新2017-12-04 17:36:30

    サイトコンテンツ▶ このウェブサイトについて更新2017-12-04 16:57:32

    サイトコンテンツ▶ ウェブサイトに関する注意事項更新2017-12-04 16:43:28

    サイトコンテンツ▶ I2練馬斉藤法律事務所の特徴とメリット更新2017-12-02 04:12:44

    サイトコンテンツ▶ クリエイト・コミニュケーション&コマース I2練馬斉藤法律事務所更新2017-11-30 23:52:30

    サイトコンテンツ▶ グッズ、広告などクリエイトの商業利用更新2017-11-18 14:21:18

    サイトコンテンツ▶ WEB広告の規制更新2017-11-16 16:47:41

    サイトコンテンツ▶ 広告法務更新2017-11-16 16:45:39

    サイトコンテンツ▶ 電子商取引・eコマース法務更新2017-11-16 16:44:58

    サイトコンテンツ▶ ウェブサイトと特定商取引に関する法律更新2017-11-16 16:43:35

    サイトコンテンツ▶ 電子商取引の法規制更新2017-11-16 16:43:35

    民事訴訟

    民事訴訟手続

    最終更新2017-07-30 16:08:46



    訴状における当事者の特定

    民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。
    訴状には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

    一  当事者及び法定代理人
    二  請求の趣旨及び原因
    この当事者の特定について、下記東京高等裁判所判例は、「民事訴訟の当事者は,判決の名宛人として判決の効力を受ける者であるから,他の者と識別することができる程度に特定する必要がある。自然人である当事者は,氏名及び住所によって特定するのが通常であるが,氏名は,通称や芸名などでもよく,現住所が判明しないときは,居所又は最後の住所等によって特定することも許されるものと解される」と判示し、必ずしも実名や、現住所で当事者を特定する必要があるとは述べていません。

    平成21年12月25日東京高裁判決(平21(ネ)4242号損害賠償請求控訴事件)

    主文

     1 原判決を取り消す。
     2 本件を東京地方裁判所に差し戻す。 
     

    事実及び理由

    第1 控訴の趣旨
     主文と同旨
    第2 事案の概要
     本件は,控訴人が,被控訴人らに対し,海外市場における商品先物取引の受託等を業とする株式会社日本インベストメントプラザ(以下「第1審相被告会社」という。)の従業員であった被控訴人らが,投機的取引の適格を欠く控訴人に不招請勧誘を行い,一任売買による過量な取引を行って,正常な金融取引秩序を逸脱して公序良俗に反する違法な取引をしたとして,不法行為に基づき,240万円の損害賠償及び遅延損害金の支払を求めた事案である。
     原審は,本件訴えの当事者(被告)の特定について,控訴人と面識があり,かつて第1審相被告会社に勤務していたことがある「丙川二郎」,「丁谷三郎」と名乗っていた者というだけでは,自然人の特定として不十分であるとして訴えを却下したところ,控訴人が原判決の取消し及び本件を原審に差し戻すことを求めて控訴した。
    第3 当裁判所の判断
     1 民事訴訟の当事者は,判決の名宛人として判決の効力を受ける者であるから,他の者と識別することができる程度に特定する必要がある。自然人である当事者は,氏名及び住所によって特定するのが通常であるが,氏名は,通称や芸名などでもよく,現住所が判明しないときは,居所又は最後の住所等によって特定することも許されるものと解される。
     2 これを本件についてみると,被控訴人らは,別紙訴状(写し)の当事者の欄に記載のとおり,就業場所と氏名で表示されている(なお,控訴人は,就業場所については,当審において「旧就業場所」と表示を訂正した。)。そして,訴状の請求原因の欄においては,被控訴人丙川二郎は,第1審相被告会社である「東京都江東区永代〈番地略〉
     株式会社日本インベストメントプラザ」の従業員であり,被控訴人丁谷三郎は,第1審相被告会社の「営業部 課長」の肩書を有し,控訴人との取引に具体的に関与した者であるとして,控訴人との取引における被控訴人らの言動が具体的に記載されている。
     3 上記2によれば,被控訴人らは,第1審相被告会社を継続的な就業場所としていた者であり,就業場所は,自然人の職業生活上の本拠として当該自然人との結び付きの強い場所であるから,就業場所が客観的に特定されている限り,これによって自然人を特定することも許されるものと解するのが相当であり,旧就業場所についても同様であると解される。そして,訴状記載の就業場所は,本件記録によれば,登記簿上の第1審相被告会社の商号及び本店所在地と合致しており,その特定に欠けるところはない。
     そうすると,本件においては,被控訴人らは,氏名と旧就業場所によって当事者としての特定がされているものというべきである。
    第4 結論
     以上によれば,被控訴人らは,当事者として特定されており,被控訴人らについて当事者の特定を欠くとして本件訴えを却下した原判決は相当でなく,本件控訴は理由があるから,民事訴訟法307条本文により,原判決を取り消した上,本件を東京地方裁判所に差し戻すこととする。
     

     
    さらに、当事者の特定は「民事訴訟の当事者は,判決の名宛人として判決の効力を受ける者であるから,他の者と識別することができる程度に特定する必要がある」ところ、この特定は、必ずしも訴訟提起の際に必要となるわけではありません。すなわち、下記名古屋高裁判例は、「被告の特定について困難な事情があり,原告である抗告人において,被告の特定につき可及的努力を行っていると認められる例外的な場合には,訴状の被告の住所及び氏名の表示が上記のとおりであるからといって,上記の調査嘱託等をすることなく,直ちに訴状を却下することは許されないというべきである」と述べています。
     

    平成16年(ラ)第99号 訴状却下命令に対する即時抗告事件
    (基本事件:富山地方裁判所平成16年(ワ)第315号)
        決  定
     富山県○○
      抗告人(基本事件原告) ○○
     住所不詳
      相手方(基本事件被告) コウヤマイチロウ
        主  文
     原命令を取り消す。
        理  由
    第1 本件抗告の趣旨及び理由
     別紙の「即時抗告の申立書」に記載のとおりである。
    第2 当裁判所の判断
    1 本件は,抗告人(基本事件原告)が,氏名不詳の者から騙されて「コウヤマイチロウ」名義の銀行預金口座に100万円を振込送金して同額の損害を被ったことから,上記預金口座の名義人の「コウヤマイチロウ」に対し,不法行為に基づき,上記の100万円,慰謝料10万円,弁護士費用10万円の合計120万円及びこれに対する平成16年8月2日(不法行為の日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた訴訟において,訴状の被告の住所及び氏名の表示として,「住所不詳,コウヤマイチロウ」と記載したところ,原審裁判所が,抗告人に対し補正を命じた上,被告の住所及び氏名が特定されていないとして訴状を却下したため,これを不服とする抗告人が本件抗告を申し立てた事案である。
    2 記録によれば,抗告人は,訴状において,不法行為に基づく損害賠償請求の相手方である被告の表示につき,被告名を「コウヤマイチロウ」と,住所地を「住所不詳(後記する振込先預金口座の登録住所)」とそれぞれ記載した上,その振込先預金口座として,「三井住友銀行永山支店,普通預金,口座番号○○,名義人コウヤマイチロウ」と記載していることが認められる。
     そして,銀行預金口座を開設するに際しては,口座開設者の氏名,住所等を記入した申込書の提出を要すること(顕著な事実。しかも,書類等により口座開設者が本人であることの確認などもすべきものとされている。)を踏まえると,抗告人は,上記預金口座を開設した自称「コウヤマイチロウ」なる人物を本件の被告として訴訟を提起したことが明らかである。
    3 なるほど,訴状の被告名は上記預金口座の名義人である片仮名の名前にすぎず,しかも,住所表示(訴状送達の便宜等のために有益であり,また,被告を特定する上で有用であることから実務上記載されるのが一般である。)は「不詳」とされている。しかし,抗告人は,本件訴訟提起前に,弁護士照会等により,所轄の滑川警察署長及び上記預金口座のある三井住友銀行永山支店宛に「コウヤマイチロウ」の住所及び氏名(漢字)を問い合わせるなどの手段を尽くしたものの,協力が得られず,やむなく上記の記載の訴状による訴えを提起したことが認められる。そして,抗告人は,本件訴訟提起と同時に上記銀行に対する調査嘱託を申し立てているところ,これらの方法により,「コウヤマイチロウ」の住所,氏名(漢字)が明らかとなり,本件被告の住所,氏名の表示に関する訴状の補正がなされることも予想できる。
     したがって,本件のように,被告の特定について困難な事情があり,原告である抗告人において,被告の特定につき可及的努力を行っていると認められる例外的な場合には,訴状の被告の住所及び氏名の表示が上記のとおりであるからといって,上記の調査嘱託等をすることなく,直ちに訴状を却下することは許されないというべきである。
    4 よって,本件訴状却下命令を取り消すこととして,主文のとおり決定する。
     平成16年12月28日
     名古屋高等裁判所金沢支部第2部








    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[民事訴訟手続]内の記事一覧
    訴えの変更

    訴えの変更 訴えの変更は一定の要件を満たせば口頭弁論終結まで可能です(民事訴訟法143条1項)。請求を変更する場合は、訴えの変更を書面で申し立てたうえ(同条2項)で、書面が相手方に送


    …続きを読む。




    訴状における当事者の特定

    民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。 訴状には、次に掲げる


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。