• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <後遺症が軽佻な場合の逸失利益について><交通事故><後遺症(後遺障害)>
    I2練馬斉藤法律事務所
    交通事故被害特設サイト

    むち打ち・死亡案件・重度後遺症・交通事故訴訟等各種取扱実績有。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2017-10-23 23:51:25に更新『交通事故と自由診療』
    2017-10-18 17:02:57に更新『交通事故案件の取扱い対応地域について』
    2017-10-18 17:01:20に更新『交通事故無料法律相談』
    2017-10-08 21:22:07に更新『交通事故刑事記録の開示について』
    2017-10-05 23:10:50に更新『交通事故案件依頼のメリット・受任の流れ』

    交通事故

    後遺症(後遺障害)

    最終更新2015-03-21 13:20:00



    後遺症が軽佻な場合の逸失利益について

     交通事故事件において,後遺症が残存してしまった場合,事故前に比べて,仕事に影響を与えることがあります。

     そして,交通事故に起因して残存してしまった後遺症に基づく仕事への悪影響から生じた収入の減少は,後遺症に基づく逸失利益として,損害賠償を請求できるのが原則です。

     では,後遺症が残存してしまったことをもって,かならず,労働能力減少に伴う収入減少を逸失利益として請求できるのでしょうか。

     この点,最高裁判所は,「昭和56年12月22日最高裁第三小法廷判決」において,下記の通り述べて,後遺症が認められるという一事をもって財産的損害を認容した原審を論難しています。

    昭和56年12月22日最高裁第三小法廷判決

     かりに交通事故の被害者が事故に起因する後遺症のために身体的機能の一部を喪失したこと自体を損害と観念することができるとしても、その後遺症の程度が比較的軽微であつて、しかも被害者が従事する職業の性質からみて現在又は将来における収入の減少も認められないという場合においては、特段の事情のない限り、労働能力の一部喪失を理由とする財産上の損害を認める余地はないというべきである。
     ところで、被上告人は、研究所に勤務する技官であり、その後遺症は身体障害等級一四級程度のものであつて右下肢に局部神経症状を伴うものの、機能障害・運動障害はなく、事故後においても給与面で格別不利益な取扱も受けていないというのであるから、現状において財産上特段の不利益を蒙つているものとは認め難いというべきであり、それにもかかわらずなお後遺症に起因する労働能力低下に基づく財産上の損害があるというためには、たとえば、事故の前後を通じて収入に変更がないことが本人において労働能力低下による収入の減少を回復すべく特別の努力をしているなど事故以外の要因に基づくものであつて、かかる要因がなければ収入の減少を来たしているものと認められる場合とか、労働能力喪失の程度が軽微であつても、本人が現に従事し又は将来従事すべき職業の性質に照らし、特に昇給、昇任、転職等に際して不利益な取扱を受けるおそれがあるものと認められる場合など、後遺症が被害者にもたらす経済的不利益を肯認するに足りる特段の事情の存在を必要とするというべきである。

     

     つまり,「後遺症の程度が比較的軽微であつて、しかも被害者が従事する職業の性質からみて現在又は将来における収入の減少も認められないという場合においては…労働能力の一部喪失を理由とする財産上の損害を認める余地はない」との原則論をしめしたのです。

     そのうえで,①「事故の前後を通じて収入に変更がないことが本人において労働能力低下による収入の減少を回復すべく特別の努力をしているなど事故以外の要因に基づくものであつて、かかる要因がなければ収入の減少を来たしているものと認められる場合」とか、②「労働能力喪失の程度が軽微であつても、本人が現に従事し又は将来従事すべき職業の性質に照らし、特に昇給、昇任、転職等に際して不利益な取扱を受けるおそれがあるものと認められる場合」など、という、例外の例示を挙げました。

     つまり,「後遺症の程度が比較的軽微であつて…職業の性質からみて現在又は将来における収入の減少も認められない…場合」であっても,上に例として挙げられたような「後遺症が被害者にもたらす経済的不利益を肯認するに足りる特段の事情」があるような場合は,後遺症に基づく逸失利益が肯定される余地があるとしたのです。





    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[後遺症(後遺障害)]内の記事一覧
    後遺障害等級認定制度概要

    自動車損害賠償保障法(以下「自賠法」という。)16条の3第1項は, 「保険会社は、保険金等を支払うときは、死亡、後遺障害及び傷害の別に国土交通大臣及び内閣総理大臣が定める支払


    …続きを読む。




    後遺障害等級

    後遺障害等級は、交通事故受傷により後遺症が残存した場合の損害賠償額を算定する有用な基準となります。後遺障害等級は、自動車損害賠償法施行令(以下、自賠法施行令と言います。)別表第二に、一覧化されてい


    …続きを読む。




    後遺症が軽佻な場合の逸失利益について

     交通事故事件において,後遺症が残存してしまった場合,事故前に比べて,仕事に影響を与えることがあります。  そして,交通事故に起因して残存してしまった後遺症に基づく仕事への悪影響から生じた収


    …続きを読む。




    後遺障害等級認定申請の手続き

    1.申請 後遺障害等級認定は、被害者請求乃至は事前認定(の依頼)の方法で申請します。


    …続きを読む。




    交通事故と後遺症(後遺障害)の認定

    交通事故被害に遭われた皆様。 お体のお加減は如何でしょうか。交通事故に遭われてから,お怪我の治療のために病院に通院されたことと存じます。 長期間の治療を経た現在、お体に痛みが残って


    …続きを読む。




    後遺障害の等級認定

    交通事故被害に遭われ、後遺症が残存する可能性があると医師に言われた皆様。 交通事故によって発生してしまった後遺症は、損害保険料率算出機構によって、後遺障害として認定されなければ、原則的に損害


    …続きを読む。




    むちうち神経症状の後遺障害等級認定に用いる資料

    むちうち神経症状の後遺障害等級認定に用いる資料1「後遺障害診断書」  むちうち神経症状の後遺障害等級認定においては,首や腰の痛み,手足のしびれなどの後遺症状が自覚される場合に,医師などの他


    …続きを読む。




    後遺障害等級認定異議申立

    後遺障害等級認定における異議申立手続きについて説明します。 後遺障害等級認定は、自賠責保険金額決定・算定のための前提手続です。 仮に、自賠責保険金の支払いを請求して、後遺障害等


    …続きを読む。




    部位別自動車損害賠償保障法施行令別表二後遺障害等級一覧

    眼   視力障害両眼が失明したもの(一級)  一眼が失


    …続きを読む。




    後遺障害等級の併合加重

    複数の後遺障害等級に該当する場合、どのように後遺障害に基づく自賠責保険金額、損害賠償額を算定すれば良いのでしょうか。このような問題を、後遺障害等級の併合の問題と言います。 自動車損害賠


    …続きを読む。





    カテゴリー[交通事故]記事一覧

    過失相殺/素因減額


    素因減額過失相殺について

    交通事故事例集


    交通事故事例集

    お問い合わせ方法(交通事故)


    交通事故に関するお問い合わせについて

    アクセス(交通事故)


    事務所までのアクセス

    弁護士紹介(交通事故)


    弁護士齋藤理央紹介

    交通事故と治療


    交通事故と自由診療



    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区はアニメのまち、マンガのまちとして有名な日本文化の発信地です。

    I2練馬斉藤法律事務所はそんな文化の発信地「練馬区」に立地する法律事務所としてデジタルコンテンツ登場キャラクターを応援キャラクターにするなど地域に寄り添った広報活動を行っています。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、「権利侵害を止めさせたい」「適切な賠償金を少しでも多く取りたい」「より有利な契約を締結したい」といった諸々のニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。