• RSS2.00
  • 免責事項
  • 個人情報
  • サイト利用
  • 練馬について
  • 公益活動
  • 全記事一覧
  • サイトマップ
  • English
  • <I2練馬斉藤法律事務所/一般法務ウェブサイト><遺言相続><遺言>
    遺言とは
    練馬駅1分の法律事務所です。このサイトは交通事故・損害賠償・刑事弁護・一般民事家事などの情報を記載しています。


    ☎03-6915
    -8682
    (平日9:00‐18:00)


    画像0 画像2 画像0 画像3 画像0 画像4 画像0 画像5 画像0 画像1 画像0 画像6
    更新/News
    2018-07-17 23:28:45に更新『「練馬区」について』
    2018-07-17 23:14:30に更新『I2練馬斉藤法律事務所/交通事故・損害賠償・一般法務サイト』
    2018-07-17 23:06:44に更新『「知財×ICT法務」分野の特徴とメリット』
    2018-05-02 03:19:29に更新『知的財産権・ICT法務料金表』
    2018-05-02 01:25:21に更新『顧問契約業務について』

    遺言相続

    遺言

    最終更新2016-09-03 13:51:59



    遺言とは

     そもそも遺言とは法的にどういった意味合いを持った文書なのでしょうか。

     

     遺言とはあなたの最終的な意思表示です。

     

     その意思表示に従いあなたの死後あなたの法律関係が整理されることになります。

     

    遺言はあなたの最終的な意思表示としてとても重要な意味を持つものですから国家は厳密な形式要件を求めており、これに反した遺言は、効力を得られないこともあります。

    あなたの大切な最後の遺志ですので、きちんと伝わるように遺言書の作成には専門家のチェックを経ていただいた方が良いのです。

     

    遺言に関する条文(民法第5編相続)

     

    (普通の方式による遺言の種類)

     

    第九百六十七条  遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合は、この限りでない。

     

     

     

    (自筆証書遺言)

     

    第九百六十八条  自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

     

      自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

     

     

     

    (公正証書遺言)

     

    第九百六十九条  公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。

     

      証人二人以上の立会いがあること。

     

      遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。

     

      公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。

     

      遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。

     

      公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

     

     

     

    (公正証書遺言の方式の特則)

     

    第九百六十九条の二  口がきけない者が公正証書によって遺言をする場合には、遺言者は、公証人及び証人の前で、遺言の趣旨を通訳人の通訳により申述し、又は自書して、前条第二号の口授に代えなければならない。この場合における同条第三号の規定の適用については、同号中「口述」とあるのは、「通訳人の通訳による申述又は自書」とする。

     

      前条の遺言者又は証人が耳が聞こえない者である場合には、公証人は、同条第三号に規定する筆記した内容を通訳人の通訳により遺言者又は証人に伝えて、同号の読み聞かせに代えることができる。

     

      公証人は、前二項に定める方式に従って公正証書を作ったときは、その旨をその証書に付記しなければならない。

     

     

     

    (秘密証書遺言)

     

    第九百七十条  秘密証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。

     

      遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。

     

      遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印すること。

     

      遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。

     

      公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。

     

      第九百六十八条第二項の規定は、秘密証書による遺言について準用する。

     

     

     

    (方式に欠ける秘密証書遺言の効力)

     

    第九百七十一条  秘密証書による遺言は、前条に定める方式に欠けるものがあっても、第九百六十八条に定める方式を具備しているときは、自筆証書による遺言としてその効力を有する。

     

     

     

    (秘密証書遺言の方式の特則)

     

    第九百七十二条  口がきけない者が秘密証書によって遺言をする場合には、遺言者は、公証人及び証人の前で、その証書は自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を通訳人の通訳により申述し、又は封紙に自書して、第九百七十条第一項第三号の申述に代えなければならない。

     

      前項の場合において、遺言者が通訳人の通訳により申述したときは、公証人は、その旨を封紙に記載しなければならない。

     

      第一項の場合において、遺言者が封紙に自書したときは、公証人は、その旨を封紙に記載して、第九百七十条第一項第四号に規定する申述の記載に代えなければならない。

     

     






    i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号





    同一カテゴリー[遺言]内の記事一覧
    遺言書の作成について

    あなたの遺志を適正に伝えるお手伝いをします。


    …続きを読む。




    自筆証書遺言の有効要件

     民法968条1項は「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 」と定めています。  これが、法の求める自筆証書遺言の要件


    …続きを読む。




    自筆証書遺言の検認について

     民法1004条1項は遺言は検認されなければならないことを定めています。また、民法1004条2項は公正証書遺言には民法1004条1項を適用しないと定めています。  自筆証書遺言も遺言にあた


    …続きを読む。




    遺言とは


    …続きを読む。




    遺言の効力

    遺言の効力発生時期 遺言は、原則的に遺言者が死亡した時点でその効力を生じます(民法985条1項)。但し、遺言者が、遺言の効力発生に何らかの条件(停止条件)を付した場合は、遺言者が死亡後、指


    …続きを読む。




    公正証書遺言

    普通の方式の遺言の一類型、公正証書遺言 死亡の危急に迫る等して特別の方式が許される事情がない限り(民法967条但書)、遺言は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のいずれかの普通


    …続きを読む。




    遺言執行者

    遺言執行者 遺言者は、遺言で、一人また数人の遺言執行者を指定できます(民法1006条1項)。遺言執行者は、相続人の代理人とみなされます(民法1015条)。相続人は死亡しているので、本


    …続きを読む。







    知財ICT=I2法務

    企業法務

    交通事故

    損害賠償法務

    旅行法務


    遺言相続

    刑事弁護

    犯罪被害

    離婚慰謝料

    不動産トラブル


    債権回収

    労働雇用問題

    債務整理

    行政対応・国家賠償

    民事訴訟

    みどりの町、文化の発信地「練馬」の法律事務所

    I2(アイツー)練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区、練馬駅徒歩1分に所在します。

    練馬区を初めとして、中野区、板橋区、杉並区、多摩地区、埼玉県などから御相談しやすい立地となっておりますので、お気軽に御相談ください。

    練馬区はみどりの町として、23区でありながら農場や牧場などを残すほか、アニメ・マンガのまちとして有名であるなど、様々な特徴を持った特別区です。

    I2法務(著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務)



    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務を重要取扱業務分野と位置付け、重要業務分野の専門性を高め、質の高いリーガルサービスの提供といったニーズに応えていきたいと考えています。事務所名に「I2」と冠する等著作権、知的財産権紛争、ウェブ、デジタル紛争について、重点取り扱い業務とし位置付けており、複数の訴訟、交渉、相談対応の実績がございます。
    知的財産権(IP=Intellectual Property)、情報通信等情報法務(ICT=Information and Communication Technology)のI2法務でご相談をご検討の方は、当事務所までお問い合わせください。

    著作権・知的財産権・ウェブ・デジタル法務は全国対応しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。