著作権とIT

著作権が保護する著作物は、情報の閲覧自体によって利益を享受できます。このとき、他の知的財産のように、アイディアにしたがった実施などの行為が介在しないため、情報伝達媒体であるウェブ、インターネットを通して、より直接的に権利者と利用者の利害対立が生じます。著作物の創作過程がデジタル化され、伝達媒体がウェブやスマートフォンアプリケーションに変容しつつある今、著作権法・著作権法実務もまた、IT法・デジタル紛争分野に変容しつつあります。I2練馬斉藤法律事務所は、ITと著作権の交錯する法律問題について、知財専門部での訟務経験を複数有する等、対応経験があります。著作権とITの問題でお困りの際はお気軽にご相談ください。

発信者情報開示

まずは、著作権を侵害する侵害情報を示し、発信者を特定するための発信者情報開示請求を任意、あるいは法的手続きを通してプロバイダなど通信事業者に請求しなければなりません。著作権侵害の際の侵害情報の特定など、I2練馬斉藤法律事務所は対応実績があります。

ウェブ・インターネットでの権利侵害

発信者情報開示を経て、或いは経ずに発信者を特定できた場合、発信者に対する損害賠償請求、差止請求などの任意交渉を仕掛け、更に合意に至らない場合法的措置を講じてい行く必要があります。任意のもの、訴訟対応など、I2練馬斉藤法律事務所は対応実績がありますので、発信者の特定も含めてまずは御相談ください。

PAGE TOP