業務内容

I2練馬斉藤法律事務所は、創作や創作の商用利用と法律の問題を取り扱う法律事務所です。

創作や創作の商用利用を巡る下記の法律問題などを重視しています。

創作を保護する法。

著作権。

商標権、商品意匠など。

ライセンスし、権利譲渡するか決める地位。

侵害に対する差止請求権及び損害賠償請求権。

創作と伝達・開発媒体の問題

ウェブサイト関連法務、インターネット利用規約、開発アプリケーションの利用規定など。

ウェブサイト・開発関連アプリケーション特許及び実用新案。

創作側内部の人、組織、お金の問題。

創作と労働の問題、労働法、下請法、独禁法など。

コーポレイトガバナンス(会社法など)。

クリエイトと金融(製作委員会方式など)。

創作とマネタイズの問題

利用許諾、出版、権利譲渡契約の交渉、契約書作成、確認。

エンドユーザーに対してのルール提示。

グッズ化、広告利用など。

広告規制、業法など、行政との関係の問題。

創作をめぐる紛争

契約関係のない第三者との紛争:権利侵害、発信者の特定(発信者情報開示)、警告書・回答書・交渉・争訟

創作内部の紛争:従業員、請負、フリーランスと製作者の紛争。

マネタイズを巡る紛争:契約の疑義、債務不履行を巡る紛争や、利用の範囲・対価の支払いを巡る紛争。

創作と規制・コンプライアンス

創作に関連して刑罰法規に触れてしまった場合。

広告規制、業法など、クリエイトの商業利用と行政規制の問題。

創作をめぐるコンプライアンスチェック・社内勉強会等の法教育。

PAGE TOP