I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 の運営するウェブサイトです。  法律相談その他お問い合わせは 03-6915-8682 か コンタクトフォーム まで。

  1. 最近の記事
  2. 業務案内
  3. 人気記事
  1. インフォメーション
  2. 11 view

弁護士の歴史

弁護士の前身は、代言人制度でした。代言人は、明治5 (1872) 年の司法職務定制 (太政官布告) によって設けられた、フランスの代言人制度をモデルにした制度…

  1. 刑事弁護
  2. 22 view

再保釈請求

保釈の失効一審において保釈が認められても、禁錮以上の刑に処する判決の宣告によって、保釈はその効力を失います(刑事訴訟法343条前段)。また、必要的保釈…

  1. 視覚コンテンツ
  2. 43 view

訴えの主観的追加的併合

民事訴訟の係属中に民事訴訟の当事者が訴外の第三者に対する請求を併合し、或いは、訴外の第三者から民事訴訟当事者に対する請求の併合を求めることを、訴えの主観的追加…

  1. 損害賠償
  2. 53 view

国家賠償法上の違法性と過失

違法性国家賠償法上の違法をいかに捉えるかについては、争いがあります。公務員に、法ないし条理に基づく行為規範を観念し、行為規範に反した点を違法と評価する…

  1. 交通事故
  2. 72 view

交通事故交渉業務

交通事故に関する、損害賠償金の示談、和解交渉を代理で交渉させていただくことができます。交通事故後、これにより発生した賠償金の支払いについては、紛争性が…

  1. 民事訴訟
  2. 58 view

民事訴訟業務案内

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では、民事訴訟の訴訟代理業務を取り扱っています。弁護士代理の原則訴訟代理人の資格について規定する…

  1. 交通事故
  2. 38 view

交通事故無料法律相談

交通事故無料法律相談/予約制で土日夜間も対応I2練馬斉藤法律事務所では、交通事故案件に関して無料法律相談を行っています。ご来所による法律相談については…

 

 

アクセスの多い記事をアクセス順に表示しています。

  1. インフォメーション
  2. 3201 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かることがあります。依頼者のお金をお預かりするときは、自身の口座とは別…

  1. 視覚コンテンツ
  2. 2773 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します。利息…

  1. 刑事弁護
  2. 2574 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

刑法の共犯と身分の論点について。この記事は法律の勉強をしている方など向けの、少し専門的な内容の記事です。①刑法65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共…

  1. 損害賠償
  2. 2013 view

国家賠償法1条の法的論点

普段は国民を守ってくれる国家ですが、ときに国から権利侵害を受けることもあります。そのとき国に責任を追及する仕組みが国家賠償法です。国家賠償法憲…

  1. 刑事弁護
  2. 1241 view

保釈却下決定に対する不服申立

保釈却下決定裁判所は保釈を認めるに足る事由がないとき、保釈請求を却下します。保釈却下は、決定ですので口頭弁論は必ずしも必要とされません(刑事訴訟法43…

  1. 刑事弁護
  2. 1185 view

刑事訴訟法:論点:証拠法:自白法則

自白法則①自白の任意性:任意にされたものでない疑いのある自白は証拠とできない(319条1項)。自白とは、犯罪事実の全部または主要部分を認める被告人の供述…

  1. 刑事弁護
  2. 1106 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

  1. 刑事弁護
  2. 812 view

刑事訴訟法:論点:裁判:択一的認定

裁判:択一的認定①概括的認定:裁判所の心証に特定できない部分があれば、「犯罪の証明があつたとき」(333条1項)には当たらず、利益原則から有罪とできない…

  1. 刑事弁護
  2. 798 view

証拠調に関する決定と不服申立

証拠調に関する異議申立刑事訴訟法第三百九条  検察官、被告人又は弁護人は、証拠調に関し異議を申し立てることができる。2  検察官、被…

  1. 刑事弁護
  2. 716 view

刑事訴訟法:論点:裁判:一事不再理

一事不再理①一事不再理効:確定判決を経た場合、判決で免訴を言い渡さなければならない。この趣旨は、憲法39条後段に規定された、二重の危険の禁止に由来すると…

  1. 民事訴訟
  2. 715 view

訴状における当事者の特定

民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。訴状には、次に掲げる事項を…

  1. 損害賠償
  2. 696 view

不真正連帯債務関係について

連帯債務とは、債務者間に特別の連帯関係を読み込んでいく、特殊な債務関係であり、不真正連帯債務は、債務者間に連帯関係を読み込んでいくものの、各自の負担部分…

  1. 刑事弁護
  2. 673 view

刑事訴訟法:論点:公判:訴因変更

①-①審判対象:当事者主義的訴訟構造(刑訴法256条1項、298条1項、312条1項)の元、刑事訴訟の審判対象は、検察官が公訴事実(256条2項2号)を再構成し…

  1. 刑事弁護
  2. 560 view

刑法各論:論点:放火罪.失火罪

現住建造物等放火罪(108条)、非現住建造物等放火罪(109条)建造物等以外放火罪①所有者の承諾:「現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物」(現…

  1. 刑事弁護
  2. 542 view

刑法総論:論点:故意:錯誤

錯誤論①事実の錯誤:事実の錯誤とは、行為者の認識した犯罪事実と、客観的に存在する犯罪事実が食い違っている場合をいう。この場合、行為者に犯罪事実の表象が欠…

  1. 行政事件
  2. 482 view

行政裁量

①行政裁量:行政裁量とは、法律が行政機関に独自の判断余地を与え、一定の活動に自由を認めている場合をいう。行政裁量は、行政行為に限られず、行政立法、行政契約、行政…

  1. 刑事弁護
  2. 476 view

刑法総論:論点:違法性:違法性一般

違法性①形式的違法性と実質的違法性:構成要件に該当し、形式的に法に違反することを、形式的違法性という。これに対して、行為が全体的な法秩序に実質的に違反す…

  1. 視覚コンテンツ
  2. 446 view

訴えの変更

訴えの変更訴えの変更とは、民事訴訟係属中に原告が、当初の請求又は請求の原因を変更することを言います。練馬大根50本の請求を、練馬大根100本の…

  1. 刑事弁護
  2. 431 view

刑法各論:論点:財産犯:財産犯総説

①財産犯の分類:財産犯はまず、毀棄罪と、領得罪にわけられる。領得罪は、占有を移転する奪取罪、占有を移転しない横領罪に分かれる。奪取罪は相手の意思に反する…

  1. 刑事弁護
  2. 420 view

刑法各論:論点:財産犯:強盗罪

・1項強盗罪①-①暴行脅迫:236条1項の「暴行又は脅迫」は相手方の反抗を抑圧するに足る程度の暴行・脅迫を指す概念である。相手方の反抗を抑圧するに足るか…

  1. 刑事弁護
  2. 414 view

刑法総論:論点:共犯3.共同正犯2

不作為に基づく共同正犯の限定:不作為も行為であり、共謀が認められる限り「共同して…実行した」(刑法60条)と評しうるから、共同正犯の成立を観念できる。しかし、作…

  1. 刑事弁護
  2. 386 view

刑法総論:論点:違法性:緊急避難

緊急避難①緊急避難:自己または他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずした行為は、罰しない。この根拠は、緊急下の危難に対…

  1. 損害賠償
  2. 357 view

損益相殺(的な調整)

損益相殺とは,不法行為の被害者が損害を受けると同時に利益を得た場合に,その利益を損害賠償額から控除することを言います。明文の規定はありませんが確立した判例法…

  1. 刑事弁護
  2. 354 view

刑法総論:論点:故意

故意①故意の内容:罪を犯す意思のない行為は罰しない。故意の本質は、規範の問題に直面しながら、あえてこれを乗り越えた、反規範的人格態度に対する、重…

  1. 刑事弁護
  2. 333 view

刑事訴訟法:論点:証拠法:関連性

関連性①関連性:訴訟法は、証拠能力が否定される場合を法定しているが、規定が無くとも解釈上証拠能力が制限される場合がある。ⅰ最低限の証明力を欠く場合(事実…

  1. 民事訴訟
  2. 311 view

予納郵券の電子納付

予納郵券については、電子納付制度の利用が可能です。全国の裁判所は、予納郵券や保釈金など保管金の電子納付制度を整備しています。制度の概要は裁判所ウ…

  1. 刑事弁護
  2. 300 view

刑法各論:論点:財産犯:窃盗罪

①-①横領罪との区別:奪取財たる窃盗罪と、横領罪との区別は占有侵奪の有無にある。すなわち、「窃取」とは、他人の意思に反して占有を自己に移す行為である。共同管理す…

お問合せ

運営法律事務所概要

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京


練馬駅徒歩1分の法律事務所です。

依頼についてご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。ご連絡はメールかお電話 03-6915-8682 まで。

一般取扱分野

一般的な法分野の取り扱いについて。









民事訴訟


交通事故など損害賠償分野刑事弁護民事訴訟などでお困りの際はお気軽にご相談ください。

事務所所在地



練馬駅前の精美堂書店ビルというビルの5階です。

弁護士

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央

コンテンツ







IC法務(特設サイト)

著作権やコンテンツを巡るビジネス法領域のIC法分野の特設サイトはこちらになります!

カテゴリー

フォローする

PAGE TOP