練馬駅1分の法律事務所の取扱業務のうち一般的な法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 刑事弁護
  2. 11 view

刑事訴訟法:論点:伝聞法則5.伝聞例外4:同意

①同意の性質:当事者が「同意した書面又は供述は…証拠と…できる」(刑訴法326条)。この趣旨は、証拠に対する当事者の処分権を認め、証拠能力を付与する訴訟行為を認めた点にある(証拠能力付与説)と解する(実務)。

②原供述者尋問請求の可否:当事者が同意した場合、伝聞証拠の原供述者に対する証人尋問請求は認められるか。この点、同意の性質を証拠能力の付与と解する以上、原供述者に対する証人尋問請求は妨げられないと考える。

③弁護人の同意:326条1項は「検察官及び被告人」と定め、明確に弁護人を同意権者としていない。しかし、同意を証拠能力を付与する訴訟行為と解する以上、弁護人は「独立して訴訟行為を…できる」(刑訴法41条)から、弁護人にも同意権が認められる。

④退廷命令と同意擬制:326条2項は、「被告人が出頭しないときは…同意があったものとみなす」と規定する。この趣旨は、被告人が出頭しないとき、同意の有無を確かめる術がなく、訴訟遅延が生じることを防ぐ点にある。そして、被告が法廷の秩序を乱し、自己の責めにより退廷を命ぜられ(刑訴法341条)、反対尋問権を喪失したような場合も、審理を進めうるのは同様に、審理の円滑な実行を企図するものである。したがって、退廷を命ぜられた場合も、「被告人が出頭しないとき」に該当すると解してよい。

刑事弁護の最近記事

  1. 刑事訴訟における判決の言渡

  2. 東京拘置所での面会について

  3. 富田林署から被疑者が逃走

  4. 警察署での面会の留意点

  5. 刑事訴訟における再審

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。