練馬駅1分の法律事務所の取扱業務のうち一般的な法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 刑事弁護
  2. 12 view

刑事訴訟法:論点:捜査6.供述証拠

供述証拠

①取調受忍義務:身体拘束中の被疑者には、取調受忍義務が認められる(198条1項ただし書反対解釈)。
注1)黙秘権を侵害するとして取調受忍義務を否定する見解があるが、文理上無理である。

②余罪取調べ:身体拘束中の被疑者には取調受忍義務が生じる(198条1項ただし書反対解釈)。この取調受忍義務は、逮捕、勾留の効力として認められ、逮捕勾留の効力は、事件を対象として生じる(事件単位の原則)。したがって、逮捕、勾留されている事件と別の事件について取調べを強制することは、許されない。
注1)余罪についても任意の取調べが許容されるのは当然である(197条1項本文)。

③起訴後の取調べ:198条1項ただし書は、「被疑者」とし、起訴後の被告人に対する取調べの強制は許されない。
注1)起訴後についても任意の取調べが許容されるのは当然である(197条1項本文)。

刑事弁護の最近記事

  1. 刑事訴訟における判決の言渡

  2. 東京拘置所での面会について

  3. 富田林署から被疑者が逃走

  4. 警察署での面会の留意点

  5. 刑事訴訟における再審

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。