練馬駅徒歩1分 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 の地域・一般法務サイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 刑事弁護
  2. 69 view

上告棄却等に対する不服申立

上告審における棄却、破棄判決に対する訂正申し立て

上告審は最後の判断の場ですが、全く間違いないとは言い切れませんので、判決による棄却に対して、最後の申し立ての機会が明文で与えられています。

上告審において、棄却判決、破棄判決が出た場合、刑事訴訟法415条により、訂正申し立てを行うことができます。

訂正の申し立ては、10日以内との期間制限がありますが、延長を申し立てることも認められています。

第四百十五条  上告裁判所は、その判決の内容に誤のあることを発見したときは、検察官、被告人又は弁護人の申立により、判決でこれを訂正することができる。
2  前項の申立は、判決の宣告があつた日から十日以内にこれをしなければならない。
3  上告裁判所は、適当と認めるときは、第一項に規定する者の申立により、前項の期間を延長することができる。

上告棄却決定に対する異議申し立て

 また、上告は決定で棄却される場合もあります(刑事訴訟法414条、同386条1項)。

 そして、この上告棄却決定に対しては、異議の申し立てをすることができると解されています(刑事訴訟法414条、同386条2項、同385条2項, 昭和30年 2月23日最高裁大法廷決定( 昭30(す)47号 上訴棄却決定に対する訂正申立事件)。

 異議申し立ての期間は棄却決定が通知された日を含めて3日間と解されています(刑事訴訟法414条、同386条2項、同385条2項、同422条))。

刑事弁護の最近記事

  1. 起訴前刑事弁護業務

  2. 勾留理由開示の概要と意義

  3. 刑事訴訟における判決の言渡

  4. 東京拘置所での面会について

  5. 富田林署から被疑者が逃走

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。