練馬駅1分の法律事務所の取扱業務のうち一般的な法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 刑事弁護
  2. 11 view

勾留理由開示

勾留の理由開示は刑事訴訟法に規定がある制度です。刑事訴訟法82条は1項において「勾留されている被告人は、裁判所に勾留の理由の開示を請求することができる。」と定めます。 また2項において「勾留されている被告人の弁護人、法定代理人、保佐人、配偶者、直系の親族、兄弟姉妹その他利害関係人も、前項の請求をすることができる。」とさだめます。さらに3項において「前二項の請求は、保釈、勾留の執行停止若しくは勾留の取消があつたとき、又は勾留状の効力が消滅したときは、その効力を失う。」と定めます。

また,勾留理由開示は被疑者段階の勾留にも準用されていると解されるため,被疑者段階の勾留についても勾留理由開示を請求することが可能です。

刑事訴訟法83条は「勾留の理由の開示は、公開の法廷でこれをしなければならない。」と定めます。したがって、接見禁止が付された被疑者とも勾留理由開示をすることで公開の法廷に姿を現すため、話をすることはできませんが、顔を見ることはできます。

勾留理由開示は裁判長が勾留の理由を告げる手続きですが, 検察官又は被告人及び弁護人並びにこれらの者以外の請求者は、意見を述べることができます。

刑事弁護の最近記事

  1. 刑事訴訟における判決の言渡

  2. 東京拘置所での面会について

  3. 富田林署から被疑者が逃走

  4. 警察署での面会の留意点

  5. 刑事訴訟における再審

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。