I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 が運営する法律+視覚情報等のオウンドメディアです。  法律相談その他お問い合わせは 03-6915-8682 か コンタクトフォーム まで。

  1. 損害賠償
  2. 17 view

医療過誤

当ウェブサイトでは、医療過誤とは医療をとおした人為的なミスにより損害が発生した場合を指す言葉として定義します。

最も、「医療」とはとても広範な活動であり、医師による治療行為から、柔道整復師や、薬剤師による調剤など様々な活動が観念できます。

そうした広範な医療行為の過程で起きる過誤について、故意・過失による損害が発生したと認められる場合、相手方は原則的に法的責任を負う可能性があります。法的責任を裏付ける法的な構成は契約関係があれば債務不履行等に、契約関係がない場合は不法行為責任などになると考えられます。

医療過誤における弁護士介入

医療過誤事件においては、相手方に医療資料の大半が存在する場合も多く、迅速な証拠保全が求められます。証拠保全だけの受任も、案件の状況によっては相談に応じることができる場合もございますので、まずは御相談、お問い合わせをご検討ください。

任意交渉

受任通知を送り、相手方との交渉に介入します。弁護士介入後は、もっぱら相手方との交渉は弁護士が行うことになります。

訴訟

相手方との交渉が決裂した場合など、弁護士において訴状を起案し、裁判所に損害賠償の支払いを強制してほしい旨の訴えを提起します。主張立証が認められた場合、相手方に支払いを強制させるための法的手続きに移行することができます。

 

損害賠償の最近記事

  1. 原子力発電所事故に基づく損害賠償請求の時効等に関する特例法

  2. 原発事故に起因するふるさと喪失慰謝料の損害算定例「平成29年 9月22日千葉地裁判決 (平…

  3. スポーツ・レジャー中事故の損害賠償業務

  4. 無断駐車に920万円の賠償判決

  5. 女子受験生の一律減点問題

関連記事

運営法律事務所概要

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京


練馬駅徒歩1分の法律事務所です。
IC法分野・リーガルグラフィックを特徴とし、一般的な法律問題も広く取り扱い実績があります。

一般取扱分野

一般的な法分野を取り扱っているほかに弊所に特徴的なIC法分野は特設サイトがあります。









民事訴訟

IC法務(特設サイト)

お問合せ

弁護士

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央

フォローする

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。