I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 の運営するウェブサイトです。  法律相談その他お問い合わせは 03-6915-8682 か コンタクトフォーム まで。

  1. 損害賠償
  2. 22 view

名誉毀損のご相談について

近年、インターネットの発達により市民が名誉毀損の被害に会う事例が増えてきています。

特に、インターネット上の名誉毀損的言辞は、半永久的に残ります。また、名誉毀損的言辞は、誰にでも容易に到達できる状態で半永久的に残ってしまいます。

さらに、インターネットには一見して匿名性があるように考えられがちです。匿名なら、人の悪口を書いても構わないと考える人も、残念ながら少なくないのが現状です。そのような安易な発想から、軽い気持ちで名誉毀損的な言辞を行ってしまうケースもあるものと考えられます。

このように、インターネットの発達により、誰もが容易に名誉毀損における被害者や加害者になってしまう可能性が出てきています。

しかしながら、名誉毀損における法的責任は、軽くありません。民事、刑事両方で自らの行動に対して厳しく問責される場合もあり得ます。

仮に、他人から名誉を毀損されて困っている、深く考えずに名誉を毀損したところ法的手続きになってしまったなど、名誉毀損に関するお悩みがあれば、専門家への相談もご検討ください。

インターネット上の名誉毀損事案においては、発信者情報開示・削除請求の手続が必要になる場合がございます。

損害賠償の最近記事

  1. 国家賠償法上の違法性と過失

  2. 被害者参加制度の解説ページ④ 事件の審理について意見を言えるようになりました

  3. 被害者参加制度の解説ページ③ 被告人に質問をし,証人に情状に関する尋問をできるようになりま…

  4. 被害者参加制度の解説ページ② 検察官の権限行使に意見を述べ説明を受けられるようになりました…

  5. 被害者参加制度の解説ページ①裁判に参加できるようになりました

関連記事

お問合せ

運営法律事務所概要

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京


練馬駅徒歩1分の法律事務所です。

依頼についてご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。ご連絡はメールかお電話 03-6915-8682 まで。

一般取扱分野

一般的な法分野の取り扱いについて。









民事訴訟


交通事故など損害賠償分野刑事弁護民事訴訟などでお困りの際はお気軽にご相談ください。

事務所所在地



練馬駅前の精美堂書店ビルというビルの5階です。

弁護士

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央

コンテンツ







IC法務(特設サイト)

著作権やコンテンツを巡るビジネス法領域のIC法分野の特設サイトはこちらになります!

カテゴリー

フォローする

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。