I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 が運営する法律+視覚情報等のオウンドメディアです。  法律相談その他お問い合わせは 03-6915-8682 か コンタクトフォーム まで。

  1. インフォメーション
  2. 13 view

損害賠償請求における賠償額に対する専門家の判断について

事故、犯罪被害等に遭われた方は心身ともに大きなダメージを負っておられます。

しかし、自ら適正な賠償額を提示して支払う加害者ばかりではありません。

大抵のケースにおいて、心身のダメージが抜けきらないにも関わらず、加害者と賠償交渉を余儀無くされます。

或いは、これを行うことができないために賠償金を手にせずに泣き寝入りになってしまうことも、あり得ます。

交通事故など一定の事故累計には保険会社など一応の第三者が間に入ることもあります。

しかし、通常は一時的に加害者と直接交渉しなければならないのではないでしょうか。

そして、賠償額は一義的に定まるものではなく、双方の賠償額に開きがある場合が少なくありません。

その場合、一体いくらくらいの金銭を払ってもらえば良いのか、わからないことも多いのではないでしょうか。

しかし、ただでさえストレスの多い交渉事において、ゴールさえ定まらないのでは、気持ちが安らがないことにもなりかねません。

賠償額は一義的に定まるものではありませんが、裁判を通して集積された基準は存在します。

専門家の判断を通して、適正な賠償額の目安を知ることは、交渉の終着点を設定することに繋がります。

もし一度、専門家の適正な賠償額に関する判断、意見を聞いてみたい場合はお気軽にご相談ください。

法律相談の範囲で適正な賠償額に関する意見をご案内させていただきます。

ご自分で交渉を行うか、代理人をたてて、交渉を行わせしめるのか、判断される材料にもなりえるものと思われます。

インフォメーションの最近記事

  1. 事務所PRキャラクターのご紹介

  2. 花の浮島礼文島

  3. 成功報酬金のご精算方法について

  4. I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京における一般法務とリーガルグラフィックについ…

  5. 全国の裁判所

関連記事

運営法律事務所概要

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京


練馬駅徒歩1分の法律事務所です。
IC法分野・リーガルグラフィックを特徴とし、一般的な法律問題も広く取り扱い実績があります。

一般取扱分野

一般的な法分野を取り扱っているほかに弊所に特徴的なIC法分野は特設サイトがあります。









民事訴訟

IC法務(特設サイト)

お問合せ

弁護士

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央

フォローする

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。