練馬駅1分の法律事務所の取扱業務のうち一般的な法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 民事訴訟
  2. 8 view

民事訴訟控訴審

控訴権

地方裁判所が第一審として終局判決(及び簡易裁判所の終局判決)に対しては、控訴することができます(民事訴訟法281条1項)。日本の民事訴訟における控訴審は続審制として、第一審の続きとして審理を行い、新たな主張立証を加えて、第一審の判断に対して、改めて判断をし直します。

控訴期間の経過と判決の確定

控訴期間は、判決書等が送達されてから、控訴期間たる2週間の期間内に提起しなければなりません(民事訴訟法285条本文)。
初日は不算入となり、判決書送達の翌日から2週間が控訴期間となります(民事訴訟法95条1項、民法140条)。ただし、判決書等が送達される前に提起した控訴も有効です(民事訴訟法285条但書)。

2週間という期間は不変期間であり、裁判所もこれを伸縮することは出来ません(民事訴訟法96条1項)。
ただし、当事者に帰責事由なく、2週間という期間を遵守できない事情があったときは、その事由が解消されてから1週間以内に限り、控訴をすることができます(同97条1項本文)。

控訴の方式

控訴は、控訴状に当事者及び法定代理人、第一審判決の表示および控訴をする旨を記載してしなければなりません(民事訴訟法286条1項、2項)。控訴状は第一審裁判所に提出します(同1項)。

 

民事訴訟の最近記事

  1. 損害賠償請求において民事保全手続きを利用した場合の担保金について

  2. 証拠調べ手続

  3. 民事訴訟事件の取扱について

  4. 附帯請求について

  5. 原本、正本、副本、謄本、抄本の別

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。