練馬駅1分の法律事務所の取扱業務のうち一般的な法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 民事訴訟
  2. 9 view

訴え提起前の証拠保全

裁判所が適切な争点および証拠の整理を行う前提として、当事者が必要な情報を得ている必要があります。そのため、当事者の情報収集を補助する制度の一つが、提訴前照会制度です(民事訴訟法132条の2第1項)。

ただし、相手方の利益も考慮し、照会が許されない場合も規定されています(同但書)。

もっとも、相手方が承諾すれば、本来照会が許されない場合でも、例外的に照会できる場合があります(民事訴訟法132条の2第2項)。

提訴前照会は提訴前の行為であるから、厳格に請求の趣旨、原因を記載する事までは求められません(同3項)。

照会期間は、4ヶ月であり、これを潜脱できないよう配慮されています(同4項)。

照会の相手方が返答した場合、相手方にも、照会権限を付与するのが公平とされています(民事訴訟法132条の3第1項)。

提訴前に当事者が適切な証拠を入手している事は、迅速な裁判の実現につながります。そこで、提訴前証拠収集処分により、当事者の証拠収集を裁判所が一定範囲で補助します(民事訴訟法132条の4)。

嘱託者の負担と、迅速な回答を志向し、回答期限を付されています(民事訴訟法132条の6第1項)。

回答は、保全できるよう(同4項)に書面が望まれています(同2項)。

証拠収集の請求は、必要な処分か判定するため、要証事実を明示して、する必要があります(同5項)。

収集された証拠資料は、裁判所が保有し、両当事者に公平に提供することになります民事訴訟法132条の7第1項)。

提訴前の当事者のための処分に過ぎないことから、不服申し立てはできません(民事訴訟法132条の8)。

民事訴訟の最近記事

  1. 損害賠償請求において民事保全手続きを利用した場合の担保金について

  2. 証拠調べ手続

  3. 民事訴訟事件の取扱について

  4. 附帯請求について

  5. 原本、正本、副本、謄本、抄本の別

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。