I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 が運営する法律+視覚情報等のオウンドメディアです。  法律相談その他お問い合わせは 03-6915-8682 か コンタクトフォーム まで。

  1. 行政事件
  2. 68 view

無効等確認の訴え、不作為の違法確認の訴え

①-①:無効等確認の訴え:無効等確認の訴えとは、処分、裁決のⅰ有効、ⅱ無効、ⅲ存在、ⅳ不存在を確認する訴訟をいいます(行訴法3条4項)。

①-②:原告適格:無効等確認の訴えにも、「法律上の利益を有すること」が要求されます(行訴法36条)。

①-③:補充性:無効等確認の訴えで、原告適格が認められるには、さらに、補充性の要件を満たす必要があります。この補充性の要件は、「処分により損害を受けるおそれのある者」には要求されていないと解されます(二元説)。さらに、補充性の要件は、無効訴訟がより直接的な解決である場合には、満たされると考えられます。過度の要件を求めれば、無効等確認訴訟を利用できる範囲が狭まりすぎるからです。

行政事件の最近記事

  1. 小型家電リサイクル法

  2. 家電リサイクル法

  3. 農業と法律

  4. 土地改良法概要

  5. 法律による行政の原理/行政作用の諸形式

関連記事

運営法律事務所概要

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京


練馬駅徒歩1分の法律事務所です。
IC法分野・リーガルグラフィックを特徴とし、一般的な法律問題も広く取り扱い実績があります。

一般取扱分野

一般的な法分野を取り扱っているほかに弊所に特徴的なIC法分野は特設サイトがあります。









民事訴訟

IC法務(特設サイト)

お問合せ

弁護士

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央

フォローする

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。