ファイル共有ソフトと著作権侵害の問題が日本でも増加

アメリカでは、数年前から話題になっていたビットトレントとアダルトコンテンツの著作権侵害の問題1。 米国裁判所は、裁判所をATMのように扱うなと憤りを示していた例23もあったようです。

この米国のビットトレント問題が、最近日本でもアダルトコンテンツを中心に徐々に増えてきているようです。

例えば、以下のような報道があり、国民生活センターも注意喚起をしています。

報道にあるように、ユーザーは動画を閲覧しただけ、という認識に近いのが実態なのかもしれません。

ただ、ビットトレントについては、複数の違法という裁判例が存在しています。

思わず著作権侵害問題に巻き込まれる可能性のあるビットトレントなどのファイル共有ソフトの利用は、慎重に判断していく必要がありそうです。

また、結果的に数十万円の負担を負う可能性がある以上、本来有料のコンテンツを無料で視聴することについて、一歩立ち止まって考えてみる必要があるかもしれません。

脚注

  1. 日本語訳はこちら
  2. 判決原文
  3. 紹介記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です