名誉毀損のご相談について

近年、インターネットの発達により市民が名誉毀損の被害に会う事例が増えてきています。

特に、インターネット上の名誉毀損的言辞は、半永久的に残ります。また、名誉毀損的言辞は、誰にでも容易に到達できる状態で半永久的に残ってしまいます。

さらに、インターネットには一見して匿名性があるように考えられがちです。匿名なら、人の悪口を書いても構わないと考える人も、残念ながら少なくないのが現状です。そのような安易な発想から、軽い気持ちで名誉毀損的な言辞を行ってしまうケースもあるものと考えられます。

このように、インターネットの発達により、誰もが容易に名誉毀損における被害者や加害者になってしまう可能性が出てきています。

しかしながら、名誉毀損における法的責任は、軽くありません。民事、刑事両方で自らの行動に対して厳しく問責される場合もあり得ます。

仮に、他人から名誉を毀損されて困っている、深く考えずに名誉を毀損したところ法的手続きになってしまったなど、名誉毀損に関するお悩みがあれば、専門家への相談もご検討ください。

インターネット上の名誉毀損事案においては、発信者情報開示・削除請求の手続が必要になる場合がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です