労働法務について

雇用労働に関する法務取扱

労働審判、労働災害など雇用・労働をめぐる法務についてI2練馬斉藤法律事務所において取り扱っています。

労災保険

労災保険(労働者災害補償保険)は、労働者災害補償保険法(昭和二十二年法律第五十号)に定めがあります。「業務上の事由、事業主が同一人でない二以上の事業に使用される労働者(以下「複数事業労働者」という。)の二以上の事業の業務…

コメントなし

労働法務について

雇用労働に関する法務取扱 労働審判、労働災害など雇用・労働をめぐる法務についてI2練馬斉藤法律事務所において取り扱っています。

労働災害をはじめとする職場でのトラブル

労働災害とは、「労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡することをい」います(労働安全衛生法2条1項)。 その他、セクハ…

コメントなし

退職金と就業規則の不利益変更

Contents1 退職金の法的性質2 就業規則の不利益変更3 就業規則とは4 就業規則の不利益変更5 合理性の判断 退職金の法的性質 退職金は、就業規則にその支給条件が定められ、会社が当然に支払い義務を負う性質のものは…

コメントなし

競業避止義務の有効性

競業避止義務、特に退職後の競業避止義務の有効性は制限的に解されています。 退職後の競業避止義務条項については、フオセコ・ジヤパン・リミテイツド事件における奈良地方裁判所昭和45年10月23日判例がリーディングケースとされ…

コメントなし

残業代請求について

 労働基準法37条1項は、「使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割…

コメントなし