貸金債権の回収

消費貸借契約や準消費貸借契約など貸金債権について借りた人が返してくれない場合、回収業務を弁護士に委任することができます。

回収は、任意交渉、保全、訴訟、強制執行と様々な段階に分かれます。

任意交渉

法的な強制力のない交渉です。弁護士介入により相手が任意に弁済すれば貸金債権の回収は完了します。

民事保全

債務者に資力があり銀行口座や不動産など財産が特定されている場合は、預金債権の差し押さえなどにより財産の散逸や移転を予防することができます。

民事訴訟

債務者が任意に弁済しない場合や、お金の貸し借りやその金額に争いがある場合、民事訴訟を提起して裁判所において判決を出してもらい、強制的に債権を回収しなければならない場合もあります。

強制執行

民事訴訟の判決書など執行力のある債務名義にしたがって、貸金債権の回収を強制的に実現していくことができます。ただし、債務者に資力があり、預金債権や不動産など財産が特定できている必要があります。

ご相談・お問合せ

I2練馬斉藤法律事務所に債権回収のご依頼をご検討中の場合は、下記メールフォームなどからお問い合わせください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください

    伝聞法則6.伝聞例外5:弾劾証拠

    ①同一人の矛盾供述に限られるか(328条の趣旨) 328条は、「証拠とすることができない書面又は供述であつても…被告人、証人その他…の供述の証明力を争うためには…証拠と…できる」と定める。この趣旨は、同一人の自己矛盾供述…

    伝聞法則3.伝聞例外2:検察官面前調書以外の書面

    Contents1 ①実況見分調書1.1 ①-①実況見分調書と伝聞例外1.2 ①-②現場指示と現場供述2 ②鑑定受託者の提出書面3 ③写真、ビデオテープ等3.1 ③-①写真3.2 ③-②ビデオテープ、録音テープ4 ④書面…

    伝聞法則5.伝聞例外4:同意

    Contents1 ①同意の性質2 ②原供述者尋問請求の可否3 ③弁護人の同意4 ④退廷命令と同意擬制 ①同意の性質 当事者が「同意した書面又は供述は…証拠と…できる」(刑訴法326条)。この趣旨は、証拠に対する当事者の…

    伝聞法則4.伝聞例外3:伝聞供述

    被告人の供述で被告人以外の者の供述をその内容とする場合:被告人の供述で被告人以外の者の供述をその内容とする場合には、明文規定がない。もっとも、被告人以外の者の供述の真実性が問題となる以上、324条2項を類推適用し、321…

    伝聞法則2.伝聞例外1:検察官面前調書

    Contents1 ①「供述…できないとき」1.1 ①-①321条1項2号本文前段は例示列挙か限定列挙か1.2 ①-②証言拒絶1.3 ①-③記憶喪失1.4 ①-④強制送還2 ②321条1項2号本文後段2.1 ②-①自己矛…

    伝聞法則1.伝聞法則総論

    Contents1 伝聞法則2 伝聞証拠3 精神状態に関する供述4 謀議メモ5 伝聞例外6 再伝聞 伝聞法則 「公判期日における供述に代えて書面を証拠とし、又は公判期日外における他の者の供述を内容とする供述を証拠とするこ…