練馬駅1分の法律事務所です。 交通事故、損害賠償、刑事事件、その他一般民事家事扱っています。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 遺言相続
  2. 6 view

遺産分割調停と申立必要書類

遺産分割調停と必要書類遺産分割調停とは、遺産分割について当事者で協議が調わないときなどに申し立てられる(民法907条2項)家事調停事件の一種です。…

  1. 遺言相続
  2. 4 view

遺産分割の対象

すべての相続財産が遺産分割手続きの対象となるわけではなく、可分債権・可分債務など当然に分割されると解釈されている財産も存在します。不動産不動産は、当然に…

  1. 遺言相続
  2. 6 view

遺産分割の手順

遺産分割を行うにあたっては、①相続人の確定、②遺産の範囲と評価の確定がまず必要となり、その後③各相続人の具体的相続分の確定に向けて話し合いをすることになります。…

  1. 遺言相続
  2. 8 view

遺言相続に関する業務

被相続人遺言作成自らが亡くなった後、相続人間に無用な争いを生じさせないため、遺言書を遺しておくことが、重要です。最も遺言書は複数な種類があり、また、…

  1. 遺言相続
  2. 5 view

相続放棄・限定承認

 被相続人に多額の借金がある場合、財産を相続したくないとき、相続放棄や限定承認の手続きをとることで、相続財産の全部(相続放棄)または一部(限定承認)を相…

  1. 遺言相続
  2. 5 view

相続人の不存在

民法第5編第6章は「相続人の不存在」の場合のルールを規律しています。すなわち相続人があることが明らかでないとき、相続財産は法人とされ、相続財産に法人格が…

  1. 遺言相続
  2. 6 view

相続総則

相続総則相続は、被相続人の死亡の時に開始します(民法882条)。失踪者は失踪宣告により死亡したものと看做されます(民法31条)が、この場合、民法30条1…

  1. 遺言相続
  2. 5 view

相続

 相続とはそもそもどういった法律問題なのでしょうか。日本の国民はそれぞれ不動産や動産、お金などの財産を他人に勝手に奪われないように、(もし勝手に他人が自…

  1. 遺言相続
  2. 6 view

遺留分減殺請求権

遺留分とは,被相続人の意思にかかわらず,相続人に残さなければならない財産を言います。原則として,相続財産の処分は被相続人の意思に委ね…

  1. 遺言相続
  2. 5 view

遺留分とは

遺留分とは,被相続人の意志によっても侵害できない相続分で,被相続人の財産の「2分の1」乃至「3分の1」財産が遺留分にあたります。つまり,相続開始…

  1. 遺言相続
  2. 2 view

遺留分減殺請求権

遺留分とは,被相続人の意思にかかわらず,相続人に残さなければならない財産を言います。原則として,相続財産の処分は被相続人の意思に委ね…

  1. 遺言相続
  2. 2 view

遺留分の放棄

民法1043条1項は,「相続の開始前における遺留分の放棄は,:家庭裁判所の許可を受けたときに限り,その効力を生ずる。」と定めています。このように,遺留分…

  1. 遺言相続
  2. 2 view

遺言執行者

遺言執行者遺言者は、遺言で、一人また数人の遺言執行者を指定できます(民法1006条1項)。遺言執行者は、相続人の代理人とみなされます(民法1015条)。…

  1. 遺言相続
  2. 2 view

遺言の効力

遺言の効力発生時期遺言は、原則的に遺言者が死亡した時点でその効力を生じます(民法985条1項)。但し、遺言者が、遺言の効力発生に何らかの条件(停止条件)を付…

  1. 遺言相続
  2. 2 view

自筆証書遺言の有効要件

民法968条1項は「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 」と定めています。これが…

  1. 遺言相続
  2. 1 view

遺産分割調停と申立必要書類

遺産分割調停と必要書類遺産分割調停とは、遺産分割について当事者で協議が調わないときなどに申し立てられる(民法907条2項)家事調停事件の一種です。…

  1. 遺言相続
  2. 1 view

遺言相続に関する業務

被相続人遺言作成自らが亡くなった後、相続人間に無用な争いを生じさせないため、遺言書を遺しておくことが、重要です。最も遺言書は複数な種類があり、また、…

  1. 遺言相続
  2. 1 view

相続人の不存在

民法第5編第6章は「相続人の不存在」の場合のルールを規律しています。すなわち相続人があることが明らかでないとき、相続財産は法人とされ、相続財産に法人格が…

  1. 遺言相続
  2. 1 view

相続総則

相続総則相続は、被相続人の死亡の時に開始します(民法882条)。失踪者は失踪宣告により死亡したものと看做されます(民法31条)が、この場合、民法30条1…

  1. 遺言相続
  2. 1 view

相続

 相続とはそもそもどういった法律問題なのでしょうか。日本の国民はそれぞれ不動産や動産、お金などの財産を他人に勝手に奪われないように、(もし勝手に他人が自…

PAGE TOP