練馬駅1分の法律事務所の取扱業務のうち一般的な法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 家事事件
  2. 5 view

遺留分とは

遺留分とは,被相続人の意志によっても侵害できない相続分で,被相続人の財産の「2分の1」乃至「3分の1」財産が遺留分にあたります。つまり,相続開始…

  1. 家事事件
  2. 6 view

遺留分の放棄

民法1043条1項は,「相続の開始前における遺留分の放棄は,:家庭裁判所の許可を受けたときに限り,その効力を生ずる。」と定めています。このように,遺留分…

  1. 家事事件
  2. 7 view

遺言執行者

遺言執行者遺言者は、遺言で、一人また数人の遺言執行者を指定できます(民法1006条1項)。遺言執行者は、相続人の代理人とみなされます(民法1015条)。…

  1. 家事事件
  2. 3 view

公正証書遺言

普通の方式の遺言の一類型、公正証書遺言死亡の危急に迫る等して特別の方式が許される事情がない限り(民法967条但書)、遺言は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密…

  1. 家事事件
  2. 6 view

遺言とは

そもそも遺言とは法的にどういった意味合いを持った文書なのでしょうか。遺言とはあなたの最終的な意思表示です。…

  1. 家事事件
  2. 8 view

遺言書の作成について

あなたの遺志を適正に伝えるお手伝いをします。遺言書の作成のお手伝いは,弁護士齋藤理央まで。まずは遺したいあなたの遺志を聞き取…

  1. 家事事件
  2. 7 view

遺言の効力

遺言の効力発生時期遺言は、原則的に遺言者が死亡した時点でその効力を生じます(民法985条1項)。但し、遺言者が、遺言の効力発生に何らかの条件(停止条件)を付…

  1. 家事事件
  2. 5 view

自筆証書遺言の検認について

民法1004条1項は遺言は検認されなければならないことを定めています。また、民法1004条2項は公正証書遺言には民法1004条1項を適用しないと定めています。…

  1. 家事事件
  2. 6 view

自筆証書遺言の有効要件

民法968条1項は「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 」と定めています。これが…

  1. 家事事件
  2. 4 view

離婚に伴う養育費について

離婚した場合で,夫婦に子(未成熟児)がいる場合,子供と別れて暮らす親も,子供が自己と同等の生活をおくれるように子の生活を保持する義務を負います。具体的には,…

  1. 家事事件
  2. 6 view

身寄りがない方の急病など

身寄りのない方が、急病に至った場合、周りの方はどのように対応すれば良いのでしょうか。まず、本人に判断能力がある場合は、入院費の支払いや、医療の決定など本…

  1. 家事事件
  2. 2 view

相続

 相続とはそもそもどういった法律問題なのでしょうか。日本の国民はそれぞれ不動産や動産、お金などの財産を他人に勝手に奪われないように、(もし勝手に他人が自…

  1. 家事事件
  2. 2 view

離婚について

協議離婚夫婦は、協議で離婚することができます(民法763条)。協議離婚については、離婚届を当事者双方及び証人2名以上が署名した書面、又は当事者双方及び証…

  1. 家事事件
  2. 2 view

離婚に付随するお金の問題

離婚したときこれに付随するのが財産の問題です。離婚するまではお互いに協同利用が当然だったし明確に持ち主を意識してこなかった家や自家用車などの大きな財産を分属…

  1. 家事事件
  2. 2 view

離婚慰謝料

離婚慰謝料について、最高裁判所(最高裁判所判例昭和31年2月21日民集10・2・124)は,「相手方の有責・不法な行為によって離婚するのにやむなきに至っ…

  1. 家事事件
  2. 2 view

少年身柄事件の大まかな流れ

少年身柄事件の流れ少年の刑事事件については、この法律で定めるものの外、一般の例によることとされています(少年法40条)。したがって、少年の事件と…

  1. 家事事件
  2. 1 view

遺産分割調停と申立必要書類

遺産分割調停と必要書類遺産分割調停とは、遺産分割について当事者で協議が調わないときなどに申し立てられる(民法907条2項)家事調停事件の一種です。…

  1. 家事事件
  2. 1 view

相続放棄・限定承認

 被相続人に多額の借金がある場合、財産を相続したくないとき、相続放棄や限定承認の手続きをとることで、相続財産の全部(相続放棄)または一部(限定承認)を相…

  1. 家事事件
  2. 1 view

遺留分減殺請求権

遺留分とは,被相続人の意思にかかわらず,相続人に残さなければならない財産を言います。原則として,相続財産の処分は被相続人の意思に委ね…

  1. 家事事件
  2. 1 view

遺言執行者

遺言執行者遺言者は、遺言で、一人また数人の遺言執行者を指定できます(民法1006条1項)。遺言執行者は、相続人の代理人とみなされます(民法1015条)。…

PAGE TOP