練馬駅徒歩1分 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 の一般法律事務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム迄

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 刑事弁護
  2. 22 view

起訴前刑事弁護業務

起訴前(警察・検察など捜査機関の捜査段階で、刑事訴訟が未だ酵素提起されていない段階)における刑事弁護業務について、ご相談(身体拘束下の場合接見)のうえ、双方が…

  1. 刑事弁護
  2. 44 view

勾留理由開示の概要と意義

#東京地方裁判所 前では、 #カルロスゴーン さんの #勾留理由開示 のために 数多くの 報道陣が 集まりました。 #外国メディア の方も多かったです。 手続…

  1. 刑事弁護
  2. 45 view

刑事訴訟における判決の言渡

刑事訴訟(※1)の認め事件(※2)においても、公判期日当日(※3)に判決が言い渡される(※4(いわゆる即日判決))ことは多くありません。あまり争点の多く…

  1. 刑事弁護
  2. 78 view

東京拘置所での面会について

東京23区内で逮捕勾留後、事件が起訴されてしまった場合など、身体拘束下の方は、東京拘置所に移送されます。東京拘置所には刑事手続の進行具合に応じて大きく分…

  1. 刑事弁護
  2. 107 view

富田林署から被疑者が逃走

富田林署のみブザー電池抜き取り https://t.co/krsLOJg3Xk___富田林署では、ブザーの音がうるさいと、勾留中の被疑者からクレ…

  1. 刑事弁護
  2. 40 view

警察署での面会の留意点

突然、ご家族、ご友人が逮捕・勾留されてしまった場合、警察署内にある留置場に身柄がある段階であれば、留置されている警察署に会いに行けば面会ができます。しかし、面会…

  1. 刑事弁護
  2. 24 view

刑事訴訟における再審

刑事訴訟の再審事由第1に再審は、原判決の証拠となった証拠書類、又は証拠物が確定判決により偽造又は変造であったことが証明されたときに申し立てることができま…

  1. 刑事弁護
  2. 57 view

少年身柄事件の大まかな流れ

少年身柄事件の流れ少年の刑事事件については、この法律で定めるものの外、一般の例によることとされています(少年法40条)。したがって、少年の事件と…

  1. 刑事弁護
  2. 102 view

閲覧謄写した公判顕出証拠の取扱

刑事訴訟法40条は、公判に顕出された記録について、弁護人に閲覧謄写権を認めるものです。公判顕出前に検察官が開示した証拠については、刑事訴訟法281条の3…

  1. 刑事弁護
  2. 558 view

証拠調に関する決定と不服申立

証拠調に関する異議申立刑事訴訟法第三百九条  検察官、被告人又は弁護人は、証拠調に関し異議を申し立てることができる。2  検察官、被…

  1. 刑事弁護
  2. 100 view

刑の全部執行猶予について

訟廷刑事弁護の実務で無罪を争う場合は実際には多いとは言えず、訟廷刑事弁護実務の多くが実際には情状弁護に重点が置かれた刑事弁護活動となります。なお、情状弁護とは、…

  1. 刑事弁護
  2. 28 view

刑事弁護について

刑事弁護は,主に,被疑者段階における刑事弁護と被告人段階における刑事弁護に分けて考えることが出来ます。被疑者段階における刑事弁護と,被告人段階に…

  1. 刑事弁護
  2. 231 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 刑事弁護
  2. 109 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

  1. 刑事弁護
  2. 101 view

刑事訴訟法:論点:裁判:択一的認定

裁判:択一的認定①概括的認定:裁判所の心証に特定できない部分があれば、「犯罪の証明があつたとき」(333条1項)には当たらず、利益原則から有罪とできない…

  1. 刑事弁護
  2. 101 view

刑事訴訟法:論点:証拠法:自白法則

自白法則①自白の任意性:任意にされたものでない疑いのある自白は証拠とできない(319条1項)。自白とは、犯罪事実の全部または主要部分を認める被告人の供述…

  1. 刑事弁護
  2. 82 view

刑事訴訟法:論点:裁判:一事不再理

一事不再理①一事不再理効:確定判決を経た場合、判決で免訴を言い渡さなければならない。この趣旨は、憲法39条後段に規定された、二重の危険の禁止に由来すると…

PAGE TOP