練馬駅徒歩1分 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 の地域・一般法務サイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 民事訴訟
  2. 37 view

民事訴訟における訴訟費用の負担

民事訴訟法第4章は、訴訟費用について定めます。訴訟費用は、敗訴の当事者の負担とされます(民事訴訟法61条)。この訴訟費用の内容については、民…

  1. 民事訴訟
  2. 82 view

金融機関の守秘義務と情報開示

平成19年12月11日最高裁第三小法廷決定(平19(許)23号 文書提出命令に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件)金融・商事判例1289号57頁は、「と…

  1. 民事訴訟
  2. 38 view

訴え提起前の証拠保全

裁判所が適切な争点および証拠の整理を行う前提として、当事者が必要な情報を得ている必要があります。そのため、当事者の情報収集を補助する制度の一つが、提訴前照会制度…

  1. 民事訴訟
  2. 86 view

被上告人の上告審

附帯上告相手方から上告ないし上告受理申立があった場合、上告に対しては附帯上告が、上告受理申立に対しては附帯上告受理申立が出来ます。附帯上告、附帯上告…

  1. 民事訴訟
  2. 59 view

上告受理申立て

上告受理の申立て上告理由が認められる場合は当然に上告を申し立てることが出来ます(権利上告)。これに対して、上記上告理由がない場合も、上告をすべき裁判所が最高…

  1. 民事訴訟
  2. 18 view

民事上告審

「高等裁判所が第二審又は第一審としてした終局判決に対しては最高裁判所に、地方裁判所が第二審としてした終局判決に対しては高等裁判所に」上告を申し立てること…

  1. 民事訴訟
  2. 34 view

民事訴訟控訴審

控訴権地方裁判所が第一審として終局判決(及び簡易裁判所の終局判決)に対しては、控訴することができます(民事訴訟法281条1項)。日本の民事訴訟における控…

  1. 民事訴訟
  2. 139 view

予納郵券の電子納付

予納郵券については、電子納付制度の利用が可能です。全国の裁判所は、予納郵券や保釈金など保管金の電子納付制度を整備しています。制度の概要は裁判所ウ…

  1. 民事訴訟
  2. 98 view

時機に後れた攻撃方法の提出

民事訴訟法は、時機に後れた攻撃方法の提出を禁じています。時機に後れた攻撃防御方法の却下(民事訴訟法157条)は審理が漂流するなど不健全な長期化を…

  1. 民事訴訟
  2. 252 view

訴状における当事者の特定

民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。訴状には、次に掲げる…

  1. 民事訴訟
  2. 25 view

民事訴訟事件の取扱について

I2練馬斉藤法律事務所では、簡裁事件から上告審まで幅広く民事訴訟の取扱経験があります。もし、訴訟の提起をご検討であったり、訴訟を提起されてしまったなどの場合は弊…

  1. 民事訴訟
  2. 13 view

民事訴訟業務案内

訴訟代理人の資格について規定する、民事訴訟法第54条1項本文は、「法令により裁判上の行為をすることができる代理人のほか、弁護士でなければ訴訟代理人となることが…

  1. 民事訴訟
  2. 158 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. 民事訴訟
  2. 51 view

訴状における当事者の特定

民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。訴状には、次に掲げる…

  1. 民事訴訟
  2. 44 view

訴えの変更

訴えの変更訴えの変更は一定の要件を満たせば口頭弁論終結まで可能です(民事訴訟法143条1項)。請求を変更する場合は、訴えの変更を書面で申し立てたうえ(同…

  1. 民事訴訟
  2. 36 view

予納郵券の電子納付

予納郵券については、電子納付制度の利用が可能です。全国の裁判所は、予納郵券や保釈金など保管金の電子納付制度を整備しています。制度の概要は裁判所ウ…

  1. 民事訴訟
  2. 31 view

原本、正本、副本、謄本、抄本の別

原本、正本、副本原本は、文字通り正本、副本の大元になる書面であり、原則的に1通しか存在しないことになります。訴訟提起の際に、原告の手元に残る訴状が原本で…

  1. 民事訴訟
  2. 22 view

金融機関の守秘義務と情報開示

平成19年12月11日最高裁第三小法廷決定(平19(許)23号 文書提出命令に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件)金融・商事判例1289号57頁は、「と…

  1. 民事訴訟
  2. 13 view

時機に後れた攻撃方法の提出

民事訴訟法は、時機に後れた攻撃方法の提出を禁じています。時機に後れた攻撃防御方法の却下(民事訴訟法157条)は審理が漂流するなど不健全な長期化を…

  1. 民事訴訟
  2. 12 view

同一裁判所内の事件分掌

本庁支部の間の事件の移動裁判所には、支部が設置されることがあります。たとえば、東京地方裁判所は千代田区に本庁が、立川市に立川支部が設置されています。この…

PAGE TOP