I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の一般法務に関するサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 月間人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 交通事故
  2. 24 view

交通事故訴訟の概要

交通事故訴訟は、訴額に応じて地方裁判所あるいは簡易裁判所に訴えます。簡易裁判所が担当するのは、物損や軽佻な人身傷害事故など損害額(請求額)が法定の金額(…

  1. 家事事件
  2. 22 view

身寄りがない方の急病など

身寄りのない方が、急病に至った場合、周りの方はどのように対応すれば良いのでしょうか。まず、本人に判断能力がある場合は、入院費の支払いや、医療の決定など本…

  1. 刑事弁護
  2. 29 view

刑事訴訟における判決の言渡

刑事訴訟(※1)の認め事件(※2)においても、公判期日当日(※3)に判決が言い渡される(※4(いわゆる即日判決))ことは多くありません。あまり争点の多く…

  1. 交通事故
  2. 24 view

弁護士費用特約概要

交通事故事件に関して弁護士費用特約があると、弁護士への委任がしやすくなります。弁護士費用特約とは、保険会社との保険契約に伴う附帯契約で、交通事故被害にあ…

  1. 刑事弁護
  2. 37 view

東京拘置所での面会について

東京23区内で逮捕勾留後、事件が起訴されてしまった場合など、身体拘束下の方は、東京拘置所に移送されます。東京拘置所には刑事手続の進行具合に応じて大きく分…

  1. インフォメーション
  2. 27 view

料金後納郵便

I2練馬斉藤法律事務所LG東京では現在、郵便局と料金後納(※1)契約を締結のうえ、料金後納で郵便物を郵送しています。封筒も専用の封筒(※2)を作成し、親…

  1. インフォメーション
  2. 30 view

郵送手続の諸費用について

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では、郵送料について、普通郵便(※1)による郵送費用は弁護士費用の中に包含される扱いとさせて頂き別途請求させて頂い…

  1. 交通事故
  2. 16 view

このサイトについて

このウェブサイトは、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のウェブサイトです。このウェブサイトは、弊所一般法務について、依頼や相談をご検討中の方…

  1. 交通事故
  2. 18 view

交通事故無料法律相談

交通事故無料法律相談/予約制で土日夜間も対応I2練馬斉藤法律事務所では、交通事故案件に関して無料法律相談を行っています。ご来所による法律相談については、練馬…

  1. 交通事故
  2. 37 view

素因減額

過失相殺については,不法行為(交通事故)の原因になった行動に落ち度(過失)がある場合,その結果生じた損害額を減額(相殺)することで被害者と加害者の公平を図る趣旨…

  1. 刑事弁護
  2. 12 view

刑事弁護について

刑事弁護は,主に,被疑者段階における刑事弁護と被告人段階における刑事弁護に分けて考えることが出来ます。被疑者段階における刑事弁護と,被告人段階に…

  1. 民事訴訟
  2. 4 view

民事訴訟業務案内

訴訟代理人の資格について規定する、民事訴訟法第54条1項本文は、「法令により裁判上の行為をすることができる代理人のほか、弁護士でなければ訴訟代理人となることが…

  1. 刑事弁護
  2. 26 view

刑の全部執行猶予について

訟廷刑事弁護の実務で無罪を争う場合は実際には多いとは言えず、訟廷刑事弁護実務の多くが実際には情状弁護に重点が置かれた刑事弁護活動となります。なお、情状弁護とは、…

  1. インフォメーション
  2. 272 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かる場合、自身の口座とは別に、預り金口座を用意しなければなりません。日本弁護士連…

  1. 民事訴訟
  2. 156 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. 刑事弁護
  2. 105 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 行政事件
  2. 99 view

国家賠償法1条の法的論点

①国家賠償法:憲法17条において、かつて妥当していた主権無答責の法理が否定され、違法な公務員の行為により損害が生じた場合、国、または公共団体が損害賠償責…

  1. 刑事弁護
  2. 60 view

刑事訴訟法:論点:裁判:一事不再理

一事不再理①一事不再理効:確定判決を経た場合、判決で免訴を言い渡さなければならない。この趣旨は、憲法39条後段に規定された、二重の危険の禁止に由来すると…

  1. 民事訴訟
  2. 602 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. インフォメーション
  2. 504 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かる場合、自身の口座とは別に、預り金口座を用意しなければなりません。日本弁護士連…

  1. 行政事件
  2. 315 view

国家賠償法1条の法的論点

①国家賠償法:憲法17条において、かつて妥当していた主権無答責の法理が否定され、違法な公務員の行為により損害が生じた場合、国、または公共団体が損害賠償責…

  1. 刑事弁護
  2. 237 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 刑事弁護
  2. 169 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

PAGE TOP