練馬駅徒歩1分 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 に関する情報を発信するウェブサイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か コンタクトフォームをご利用ください。


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 月間人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 行政事件
  2. 25 view

家電リサイクル法

家電リサイクル法の名で知られている「特定家庭用機器再商品化法」は、特定家庭用機器廃棄物について、再商品化(リサイクル)のルールを定めています。特定家庭…

  1. 交通事故
  2. 57 view

交通事故証明書の入手方法

交通事故証明書とは、「交通事故に関し、その発生した日時、場所その他内閣府令で定める事項を記載した書面」※1を言います(自動車安全運転センター法29条1項5号)。…

  1. 交通事故
  2. 45 view

健康保険診療の治療費

交通事故を含んだ第三者行為による受傷の治療も健康保険診療により治療することが可能です。「 昭和 43 年 10 月 12 日保険発第 106 号・厚生省…

  1. 交通事故
  2. 40 view

交通事故訴訟の概要

交通事故訴訟は、訴額に応じて地方裁判所あるいは簡易裁判所に訴えます。簡易裁判所が担当するのは、物損や軽佻な人身傷害事故など損害額(請求額)が法定の金額(…

  1. 家事事件
  2. 33 view

身寄りがない方の急病など

身寄りのない方が、急病に至った場合、周りの方はどのように対応すれば良いのでしょうか。まず、本人に判断能力がある場合は、入院費の支払いや、医療の決定など本…

  1. 刑事弁護
  2. 53 view

刑事訴訟における判決の言渡

刑事訴訟(※1)の認め事件(※2)においても、公判期日当日(※3)に判決が言い渡される(※4(いわゆる即日判決))ことは多くありません。あまり争点の多く…

  1. 刑事弁護
  2. 135 view

刑の全部執行猶予について

訟廷刑事弁護の実務で無罪を争う場合は実際には多いとは言えず、訟廷刑事弁護実務の多くが実際には情状弁護に重点が置かれた刑事弁護活動となります。なお、情状弁護とは、…

  1. 民事訴訟
  2. 27 view

民事訴訟業務案内

訴訟代理人の資格について規定する、民事訴訟法第54条1項本文は、「法令により裁判上の行為をすることができる代理人のほか、弁護士でなければ訴訟代理人となることが…

  1. 交通事故
  2. 45 view

交通事故交渉業務

交通事故に関する、損害賠償金の示談、和解交渉を代理で交渉させていただくことができます。交通事故後、これにより発生した賠償金の支払いについては、紛争性が…

  1. 刑事弁護
  2. 35 view

刑事弁護について

刑事弁護は,主に,被疑者段階における刑事弁護と被告人段階における刑事弁護に分けて考えることが出来ます。被疑者段階における刑事弁護と,被告人段階に…

  1. インフォメーション
  2. 300 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かる場合、自身の口座とは別に、預り金口座を用意しなければなりません。日本弁護士連…

  1. 民事訴訟
  2. 237 view

金融機関の守秘義務と情報開示

平成19年12月11日最高裁第三小法廷決定(平19(許)23号 文書提出命令に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件)金融・商事判例1289号57頁は、「と…

  1. 民事訴訟
  2. 162 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. 刑事弁護
  2. 145 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 行政事件
  2. 95 view

国家賠償法1条の法的論点

①国家賠償法:憲法17条において、かつて妥当していた主権無答責の法理が否定され、違法な公務員の行為により損害が生じた場合、国、または公共団体が損害賠償責…

  1. 刑事弁護
  2. 79 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

  1. 刑事弁護
  2. 79 view

刑事訴訟法:論点:証拠法:自白法則

自白法則①自白の任意性:任意にされたものでない疑いのある自白は証拠とできない(319条1項)。自白とは、犯罪事実の全部または主要部分を認める被告人の供述…

  1. インフォメーション
  2. 2473 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かる場合、自身の口座とは別に、預り金口座を用意しなければなりません。日本弁護士連…

  1. 民事訴訟
  2. 2124 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. 刑事弁護
  2. 2084 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 行政事件
  2. 1730 view

国家賠償法1条の法的論点

①国家賠償法:憲法17条において、かつて妥当していた主権無答責の法理が否定され、違法な公務員の行為により損害が生じた場合、国、または公共団体が損害賠償責…

  1. 民事訴訟
  2. 973 view

金融機関の守秘義務と情報開示

平成19年12月11日最高裁第三小法廷決定(平19(許)23号 文書提出命令に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件)金融・商事判例1289号57頁は、「と…

  1. 刑事弁護
  2. 947 view

刑事訴訟法:論点:証拠法:自白法則

自白法則①自白の任意性:任意にされたものでない疑いのある自白は証拠とできない(319条1項)。自白とは、犯罪事実の全部または主要部分を認める被告人の供述…

  1. 刑事弁護
  2. 901 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

取扱分野

フォローする

PAGE TOP