練馬駅徒歩1分 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京 の地域・一般法務サイトです。  お問合せは 03-6915-8682 か メールフォーム をご利用ください。


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 月間人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 一般民事
  2. 17 view

債権回収について

貸金、売掛代金など、各種債権の回収業務を弁護士が代理で行うことが可能です。貸金とは、典型的には返還合意をして貸渡した金員になります。例えば、『何月何日ま…

  1. 交通事故
  2. 23 view

交通事故無料法律相談

交通事故無料法律相談/予約制で土日夜間も対応I2練馬斉藤法律事務所では、交通事故案件に関して無料法律相談を行っています。ご来所による法律相談については、練馬…

  1. 刑事弁護
  2. 21 view

刑事弁護について

刑事弁護は,主に,被疑者段階における刑事弁護と被告人段階における刑事弁護に分けて考えることが出来ます。被疑者段階における刑事弁護と,被告人段階に…

  1. 民事訴訟
  2. 13 view

民事訴訟業務案内

訴訟代理人の資格について規定する、民事訴訟法第54条1項本文は、「法令により裁判上の行為をすることができる代理人のほか、弁護士でなければ訴訟代理人となることが…

  1. 交通事故
  2. 17 view

交通事故交渉業務

交通事故に関する、損害賠償金の示談、和解交渉を代理で交渉させていただくことができます。交通事故後、これにより発生した賠償金の支払いについては、紛争性が…

  1. インフォメーション
  2. 234 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かる場合、自身の口座とは別に、預り金口座を用意しなければなりません。日本弁護士連…

  1. 刑事弁護
  2. 159 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 民事訴訟
  2. 150 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. 行政事件
  2. 118 view

国家賠償法1条の法的論点

①国家賠償法:憲法17条において、かつて妥当していた主権無答責の法理が否定され、違法な公務員の行為により損害が生じた場合、国、または公共団体が損害賠償責…

  1. 刑事弁護
  2. 83 view

証拠調に関する決定と不服申立

証拠調に関する異議申立刑事訴訟法第三百九条  検察官、被告人又は弁護人は、証拠調に関し異議を申し立てることができる。2  検察官、被…

  1. 刑事弁護
  2. 54 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

  1. 刑事弁護
  2. 53 view

刑事訴訟法:論点:裁判:択一的認定

裁判:択一的認定①概括的認定:裁判所の心証に特定できない部分があれば、「犯罪の証明があつたとき」(333条1項)には当たらず、利益原則から有罪とできない…

  1. インフォメーション
  2. 1079 view

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かる場合、自身の口座とは別に、預り金口座を用意しなければなりません。日本弁護士連…

  1. 民事訴訟
  2. 1008 view

附帯請求について

民法404条は、利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする、と定めます。この利息は、当事者の合意に基づいて発生します…

  1. 行政事件
  2. 731 view

国家賠償法1条の法的論点

①国家賠償法:憲法17条において、かつて妥当していた主権無答責の法理が否定され、違法な公務員の行為により損害が生じた場合、国、または公共団体が損害賠償責…

  1. 刑事弁護
  2. 727 view

刑法総論:論点:共犯.共犯と身分

①65条1項の解釈:65条1項は身分犯の共犯について定める。ここで、身分とは、一定の犯罪行為に関する犯人の特殊の地位、状態を指す。そして、真正身分犯とは身分を有…

  1. 刑事弁護
  2. 386 view

刑事訴訟法:論点:証拠法:自白法則

自白法則①自白の任意性:任意にされたものでない疑いのある自白は証拠とできない(319条1項)。自白とは、犯罪事実の全部または主要部分を認める被告人の供述…

  1. 刑事弁護
  2. 385 view

刑法総論:論点:共犯と錯誤

共犯と錯誤①共犯の錯誤:正犯者の実行行為と、他の共同正犯者ないし、教唆者、幇助者が認識していた犯罪事実が一致しないことを、共犯の錯誤という。共犯…

PAGE TOP